死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外はかすり傷

明るく楽しく自由気ままに♪

アダルト目的以外でライブチャットに来るお客さんに「なんで?」と聞いてみた

f:id:miyakokara:20170521082143j:plain

私は外で働けなかった期間、在宅でチャットレディをしていた時期があります。

 

完全にノンアダルトで電話だけ、というやり方だったけど、それでもアダルト目的の輩はやってきます。出た瞬間はぁはぁ言ってる人とかねw 犬か(。-∀-)

 

ただ、それと同じくらい全くアダルト目的ではないお客さんともたくさん出会いました。

 

そういう人たちってね、もう本当に普通の人。だから不思議に思いました。「この人たちはなぜこのサイトを利用しているのかな?」って。

 

仲良くなってから、なぜ、ライブチャットサービスを利用していたのか、聞いてみました。

 

話し相手が欲しい

お客さんの大半から帰ってきた答えは「なんとなく」でした。

 

初めはなんとなく登録してみたとのこと。今思えば、なんで登録したのか自分でもわからない、興味本位でしかなかった、というお客さんもいらっしゃいました。

 

でも、今ではこうして話すことが楽しみになったとも仰っていました。

 

お客さんのお仕事は、夜勤の仕事であったり、警備員であったり、長距離のトラックドライバーであったりと職種は様々でした。

 

共通していたのは「人と話す機会が少ない」ということ。

 

1日の終わりに、今日あった出来事やなんてことのないことを話す、それがとても楽しいのだと、笑いながら仰っていたことを、今も印象深く覚えています。

 

現代社会における、寂しさを埋める場所なのかもしれない

お客さんの中には、お孫さんのいるご年配の方もいました。いつもお孫さんの話を、とても嬉しそうに話して下さるんです。

 

スポーツをやっていて、今度試合があるんだと。大会を良かったら見に来ないかとも言われました。

 

その方とはかなり長い期間話していたということもあり、思わず「是非、見に行きたいです!」と言ってしまいそうにもなりました。

 

なんというか、ただ純粋にその人と話してることが、こちらもすごく楽しかったんですね。たとえるなら、近所のおじいさんとお話しているような気持ちかな。

 

ただ、やはり話しているのはライブチャットです。一歩外に出ればどうなるかの保障はありません。だから残念ですが最終的にはお断りしました。(それでも強要されることはありませんでした。)

 

ライブチャット・チャットレディ=アダルト・エロ


多分一般的な認識はこうですよね。でも、その中に実際自分が入ってみて、純粋に話すことを楽しんでいるお客さんもたくさんいることを知りました。

 

私の中で、ライブチャットやチャットレディに対しての認識が変わった経験でした。

 

ライブチャットは、現代社会における“寂しさ”を埋めるための場所でもあるのかもしれないなぁ。

 

 

★私が利用していたライブチャットマシェリ

 

★チャットレディ関連の記事