死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外はかすり傷

明るく楽しく自由気ままに♪

ガスが止まった時は電気を有効活用せよ!

f:id:miyakokara:20180110114001p:image

 

ガス代を滞納すればガスが止まります(`・ω・´)キリッ(当たり前です)

 

子供の頃ね、しょっちゅうガスが止まってたんね。「いかにしのぐか?」を学んだ幼少期(どんなんだ)

 

この記事では、ガスが止まったときに切り抜けた方法についてまとめた。


しょっちゅうガスが止まった子供時代

↑(卒業式の言葉で言う「楽しかった、運動会!」みたいなノリで。)

 

私の親は超無責任な人で、子供時代はしょっちゅう電気とガスが止まってたの(ちなみに水道は未経験)

 

「払えない」じゃなく、「払わない」親だったからもう手の施しようがなくてね。

 

今ではこうして笑い話にしてるからいいんだけど、当時は必死だったのね。

 

だって日常の中で「いつガスと電気が止まるか」ってドキドキしながら過ごしてたわけよ?毎日がドキドキハラハラのアドベンチャーだぜ?

 

同じような気持ちで毎日を過ごしてる子供がいたら、もしよかったら参考にしてみてほしい。自分の心をつぶさないために。


ガスが止まった時は「電気で動くもの」を探せ!

ご家庭によって家電や給湯器などの種類は様々だと思うけど、ガスが止まった時は「電気で動くもの」をフル活用したらいいよ。

 

最悪なことに、ガスが止まったうちの何回かは冬だったのね。当時は京都に住んでいて、京都の冬は極寒だから、めちゃめちゃ寒いの。地形が盆地でめちゃめちゃ冷える。聞いたところによると、北海道から来た人が「京都の冬は寒い」と言ったとか言ってないとかそんなレベルの寒さ。

 

ただ、本気で極寒なんだわさ。下手すりゃ家の中で死 ぬ。だからもう頭の中はフル回転。

 

ガスが止まったときは嘆いてないで、「電気で使えるもの」を家の中で探してみて!

 

後で書くけど、特に電子レンジはつよーい味方だよ!


お湯を確保せよ!

ガスが止まって辛いのは「お湯が沸かせない」ということ。(IHだとこの心配はいらないね♪)当時家はガスコンロと給湯器だったから、ガスが止まるとモロに影響した。

 

 冬の場合

極寒の冬の場合、一番欲しいのは“お湯”なのね。電気ポットが物置にあったので、それと、水を張ったボウルを電子レンジでチンしてお湯を沸かした。

 

とりあえずお湯があれば、体を洗うこともできるし、飲んで体の中から温めることもできる。お湯最強!お湯バンザイ!

 

雪降る冬だったけど、ガスコンロ・給湯器・暖房器具がなくてもしのげたよ!

 

 夏の場合

夏の場合は、寒さで凍死する危険性はないからありがたい♪ただ、汗をかく時期だから、体をキレイにしたいよね。

 

水でもシャワーはできるけど、それが嫌だという人へおすすめなのが、レンジでチンしたタオルで体を拭くという方法。

 

私過去に看護学生だった時期があるんだけど、看護の現場でも寝たきりなどのお風呂に入れない状況の人に対しては、清拭っていって、熱いタオルで体を拭くという方法が使われるの。

 

熱いタオルで体を拭くと、本当に汚れや臭いが良く取れる。お風呂に入れない状況下では、清潔対策にオススメな方法やよ♪


寒いなら“空気の層”を作るべし!

冬にガスが止まったとき、暖房器具がし んだわけだから、とにかく寒くてね。重ね着して、布団や毛布をフル活用した。

 

重ね着する時は“空気の層”を作るよう意識してみて。体感温度が全く違うよ。

 

あと、毛布は中に着るんじゃなく、布団の外を覆うか、下に敷く方があったかくなるよ。


自分が子供なら証拠を集めよう!

子供であることをいいことに、やりたい放題な親っている。

 

親は選べないから(選んで生まれてくるって考え方もあるけどさ)当たってしまったら、「自分の身をどう守るか」を考えるしかない。

 

そんなとき、証拠があれば助けを求めるときに有利になる。(児相とかね)

 

逆に、証拠がないとなかなか助けてもらえないのも事実(子供の言うことは信じてもらえないことが多い)

 

だから、残せるのであれば証拠を残しておくといいよ!

 

携帯が使えるのなら写真!(督促状とかね。払ってくれないのなら止めますよーっていう紙)無いならメモ!「何月何日、ガスが止まった」とか書いておくだけでもいい。

 

とにかく、あわてず、騒がず、悲観せず!

 

ダメだと思ったら、とにかく証拠を集めて“まともな”大人に助けを求めよう!それは自分を守るための大切な勇気だよ。


大人になっても使えるよ〜♪

ここに書いたことは、自分でガス代が払えなくなった時にも使えると思う!

 

ガス代が払えない時は、自分を責めず、使えるものをフル活用して生き延びよう!

 

長い人生、そんな時もあるさって気持ちでね。自分をフルボッコにしないこと。


最後に

もし「選んで生まれてきた」のなら、きっと私は「たくましく生きる力」を学ぶために生まれてきたんだと思うwwそしてきっとドMだったんだね(´∀`)

 

大人になってからは、“止まると大変だと知ってる”から優先的に払おうとするし、“万が一止まっても乗り越えられる自信”がある。

 

あと、ガスと電気がとても素晴らしいものだってことを私は知ってる。ガス様々電気様々❤︎

 

なんでも自分のプラスにしちゃおう( ̄∀ ̄)♪

 

★関連記事 電気が止まったときのお話