死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外はかすり傷

明るく楽しく自由気ままに♪

かわいいにはcuteとcharmingの2種類がある

f:id:miyakokara:20180115130727j:image

ふと思ったこと。

 

人を紹介された時とかにさ、「可愛い子だよ〜」って言われて、「え!どこが⁉︎」と思うことってあるよね(なんちゅう失礼な奴)

 

これってなぜ起こるのかな?って考えたんだけどね、人が言う「可愛い」には「cute」と「charming」があるからだと思った。


cuteとcharmingの違い

本来の意味の可愛いはcute。パッと見てわかる可愛さ。

 

目ぱっちりだったり、唇の形が綺麗だったり、造形的な美しさ。正統派美人と呼ばれる人たちはこっちやね。

 

多分「え!」ってなることが多い人は「かわいい」と聞いて「cute」を想像してるんだと思う。というか、多くの人が「可愛い」と聞くとcuteを想像しがちなんじゃないかな。

 

一方で、魅力的なのはcharming。こちらはパッと見ではわからないことも多い。話してみてすごく可愛らしい人もいるし、素敵な人もいる。

 

雰囲気美人と呼ばれる人はこちらのタイプ。(悪い意味じゃなくね)


charmingの感じ方は人それぞれ

「え⁉︎」っとなる理由に、cuteとcharmingの違いを書いたけど、そのほかにcharmingは基準が人によって違うというのもあると思う。

 

私がcharmingだと感じたものが人にもcharmingだとは限らない。だって魅力だと感じるかどうかは人それぞれやし、魅力的だと感じるポイントは人それぞれ違うから。

 

(そして私が「かわいい」というものはあまり理解されないことが多い)


cuteだけどcharmingではない人はいる

あとね、cuteでもcharmingじゃない人はいる

 

cute≠ charming( ̄Д ̄)ノ!(←やかましいわ)

 

分かりやすく言うと、性格ブスといわれる人がこのタイプ。顔はかわいいのに、しゃべってみたら人の悪口ばっかり言うとか。

 

せっかくcuteやのにもったいないなぁと個人的には思う。


charmingにはなれる!

cuteには、生まれ持ったものの影響が大きい。

 

ただ、顔が可愛くなくてもcharmingになることは可能。

 

なり方は、自分の見せ方を知って活かすこと。

 

自分の見せ方をきちんと知っている人はすごくcharming。中にはそういった人たちのことを「雰囲気美人だ」とか「ぶさいくのくせに」と叩く人もいるけれど、それってすごくもったいないと私は思う。

 

叩いている暇があれば、自分の上手な見せ方を教えてもらえばいいと思うのね。

 

「カワイイは作れる!」っていうキャッチコピーがあったけどまさにそれ。

 

「私なんて可愛くないし」なんて言ってる暇があれば、自分を研究してcharmingになってやれ(=´∀`)b


(作った可愛さとかwwってバカにしてるそこのキミ!今の君はブサイクだぞっ(`・∀・´)はっはっは)

 

 

▼関連記事

www.miyakokara.com