死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外はかすり傷

明るく楽しく自由気ままに♪

読む必要の無い空気はぶっ壊せ

f:id:miyakokara:20180206153542p:image

空気が読めない略してKY★(ダイゴ風に読んでみてね( ̄∀ ̄)♪)

 

思うんだけどね、空気には「読む必要のあるもの」と「読む必要の無いもの」があると思う。

 

で、私は、「読む必要の無い空気」はあえてぶっ壊しに行くことがあるなーと( ̄∀ ̄)

 

読む必要の無い空気とは?

私が思う読む必要の無い空気とは、「読むことで空気が悪くしかならないもの」のこと。代表的なのは人の陰口や悪口。

 

「●●さんってさー●●だよねー」

「そうだよねーこないだもさー」

以下、延々罵言雑言

 

こういう会話ね。

 

同調意識と言えばいいかな?(言語化ってムズカシイ( ´_ゝ`))

 

『私はあの人が嫌い、あなたもそうだよね?』という圧力。

 

『あの人が嫌い』というのはその人(仮にAさんとしよう)の気持ち。

 

Aさんがその人のことを嫌いだというのは全然構わない。だってそれはAさんの好みの話だからさ^^

 

だけど、それに対して私は、「そうだよねーあの人ほんと嫌!」とは言わないってこと。

 

なぜか?

 

嫌な空気にしかならないから( ̄∀ ̄)タノシクナーイ

 

ぶっ壊すといっても戦う方法は取らないよ

空気をぶっ壊すといってもね、「そんなこと言っちゃダメだよ!」と言うんじゃないよ?w

 

「そうなんだ〜」って流す方法もあるし、「めっちゃ怒ってるや〜ん♪w」って笑うこともあるし、「いやんっ!黒いっ∑(゚Д゚)」って笑いにかえる時もある。

 

「そんなあなたに素敵なものをプレゼント(`・∀・´)b」って笑いと差し入れ渡す時もある。(…笑うことしか考えてないなコイツ)

 

会話の流れを『嫌な人の会話』にしないの。ぶっ壊す。

 

「そんなこと言っちゃダメ!」と言うと、“正しさ”で戦うことになる。「私が正しいと思うこと」を相手に押し付けてしまってるの。

 

これをするとね、摩擦が生まれる。

 

Aさんは「自分の気持ちを否定された」と受け取るし、それが“怒り”につながる。

 

ちなみに過去の私はこれをよくしてた( ;´Д`)超イヤなヤツ

 

そういう時って、自分の正しさの証明に必死なん。

 

戦う必要はどこにもない。自分で敵を作らない。

 

嫌な空気はぶっ壊しちゃえ♪

 

そして楽しい空気にしちゃえ♪

 

ただし、ぶっ壊し方は賢く選ぼう!

 

そうすれば全く問題ないのだ( ̄∀ ̄)

 

ちなみに

ちなみにね、笑いに変えられるのは自分に余裕のある時だけ。

 

余裕のないときは「そうなの〜?」とか「大変だねぇ」ってスルーする方法がオススメ。

 

受け流し術と笑いに変える術は本当に役立つよ。おすすめ(о´∀`о)♪