死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外はかすり傷

明るく楽しく自由気ままに♪

自分だけのマイカップヌードルが作れる!大阪池田市のカップヌードルミュージアムにいってきた

f:id:miyakokara:20180505134438j:image

GWに大阪ぶらり旅をしてきた。

 

予定ではもっと遠方をぶらり旅する予定だったんだけど、お誘いした方々とことごとく予定が合わず( ;∀;)

 

ま、次の機会やね。なんならひとり旅も悪くない❤︎

 

今回は大阪ぶらり旅で訪れたカップヌードルミュージアムについて。めっちゃ楽しかったぜい♪


カップヌードルミュージアムとは?

f:id:miyakokara:20180505134524j:image

大阪府池田市にあるカップヌードルの博物館。

 

カップヌードルの歴史はもちろん、自分だけのカップヌードル(マイカップヌードル)を作れるコーナーが人気。

 

入館料は無料♪

※マイカップヌードルコーナーでは、最初に自販機でカップを買うので、300円だけかかります。

 

他にも、小麦粉をこねるところからカップヌードル作りを体験できるブースもある。(こちらは別途予約が必要)

 

詳細はこちらからどうぞ♪

 

f:id:miyakokara:20180505135834j:image

最寄りの池田駅を降りると、ミュージアムまではひよこちゃんが案内してくれる❤︎


あれ?USJ乗り物かな?

GWの人の多さ、舐めてました。

 

もうとにかく人人人‼︎‼︎∑(゚Д゚)ぎゃー

 

特にちびっこたちが多かった。あと外国の方々もちらほら。

 

お昼時のほうが混雑するんじゃないかと先にマイカップヌードルコーナーに行ったんだけど、その時点でなんと80分待ち‼︎∑(゚Д゚)

 

あれ?USJ乗り物ですか?
というレベルの長蛇の列ができておりました。わーお。

 

ただ、私たちが作り終わるくらいになると、さらに驚愕の100分待ちになっていたので、先に行って大正解だった。

 

混雑しててところどころしか写真が無いんだけど、簡単に手順をご紹介♪

①自販機でカップを買う。

お値段は300円。高いと感じるか安いと感じるかは人によって違うだろうけど、入場料タダな上300円でこれだけ遊べるのは素敵すぎると思うわたし。

 

②絵を描く。

カップを買ったら再度列に並ぶ。順番が来ると机と椅子に通されるので、そこで絵を描く。ペンは机に用意されている。

f:id:miyakokara:20180505134623j:image

ロゴをピンクで塗りまして〜♪

 

f:id:miyakokara:20180505134718j:image

 ひよこちゃんに、ちゃんと「わたしの‼︎」って言わせときました。

 

f:id:miyakokara:20180505134701j:image

It’s mine!!!!ψ(`∇´)ψ

 

③麺を入れる

絵が完成したら再び列に並んで、いよいよカップヌードルの中身を作る工程に移る。

 

麺を入れるんだけど、ここでカップヌードルシアター(後述)でのお話に出てくる工程が!

f:id:miyakokara:20180505134807j:image

ヒントは「逆転の発想♪」

 

「いろいろ考えて作られているんやなぁ!!」と感動した。ほんとね、ぜひ行って自分の目で確かめてほしい❤︎

 

④スープと具材を選ぶ

スープは、醤油・シーフード・カレー・チリトマトから1種類、具材は4種類選べる。

f:id:miyakokara:20180505134848j:image

 

ちょっと残念だったのが自分で入れられないこと。勝手に「自分で入れられる」んやとワクワクテカテカしてたのでちょっとがっかり。ちぇー。

 

ま、それをしちゃうと謎肉祭りをやる奴がおるからだろーな(^_^;)

ネコポス選択したら送料無料 日清食品 カップヌードル 謎肉祭の素 2パック 謎肉 限定商品 謎肉丼やおつまみにも|日清|カップヌードル|話題|売切れ続出 進撃の巨人 コラボ カップヌードル珍種謎肉 進撃の謎肉

 

 

 

ちなみに私は、

  • 醤油スープ
  • エビ
  • コロチャー(謎肉)
  • 厳選具材(チャーシュー)

をチョイス。

 

好きなの選べても、結局いつものお気に入りになってしまうというね(笑)

f:id:miyakokara:20180505135745j:image

 

⑤透明のフィルムに入れて完成♪

最後に透明のフィルムに入れて、オーブンのようなところを通す。

 

するとあら不思議!透明フィルムが熱で縮んで、見慣れたビニールのパッケージが完成♪


⑥最後の一工夫がすごい!

ちなみに最後、こんな風にエアバックに入れる。

f:id:miyakokara:20180505134936j:image

 

これね、ストローで空気を抜くと取り出せるようになってるの。持ち帰るときぶつかっても壊れないし、紐を通すことで持運びがすごく便利

 

これ、考えた人天才やと思う(゚Д゚)


展示物がとにかく楽しい♪

カップヌードルのトンネル‼︎

f:id:miyakokara:20180505135044j:image

イカップヌードルを作ったあと展示物を見に行ったんだけど、最初に
「わぁ‼︎‼︎(゚∀゚)❤︎」
ってなったのがカップヌードルのトンネル!

 

f:id:miyakokara:20180505135250j:image

今まで発売されてきたカップヌードルが展示されているの。わああ❤︎

 

f:id:miyakokara:20180505135228j:image

天井にもカップヌードルがっ‼︎‼︎

 

ちなみにこちらが一番はじめに作られた即席ラーメン。

f:id:miyakokara:20180505135319j:image

ここから歴史が始まったんやね♪

 

f:id:miyakokara:20180505135358j:image

大きなカップヌードルのオブジェにテンションが上がるやーつ。


迫力のカップヌードルシアター

f:id:miyakokara:20180505135431j:image

カップヌードルシアターでは、カップヌードルが作られる工程や、カップヌードルが開発されるまでのムービーが上映されているんだけど、これが本当に面白かった♪

 

カップヌードルが作られる工程は、3Dみたいに立体感があってなかなかの迫力!(ちょっと酔っちゃった人)

 

面白かったのが、カップヌードルが開発されるまでのお話。どうやってカップに入れたのかとか、逆転の発想とか。

 

先にマイカップヌードルコーナーで作るのを体験したから、「あ!あれがそうやったんや‼︎」って答え合わせにもなって面白かった♪

 

ネタバレになると面白くないのでここでは書かないけど、気になる人は是非行ってみて❤︎

 

「すごーい‼︎‼︎(゚∀゚)」ってなるよ(笑)


宇宙食としてのカップヌードル

こちら、宇宙食として開発されたカップヌードル

f:id:miyakokara:20180505135501j:image

 

野口さん(だっけ?笑)が実際に食べている様子もムービーとして流れていた。

 

どんな感じなんやろ。味に違いはないのかな?食べてみたい❤︎

 

他にも昔の暮らしコーナーとかもあって面白かった❤︎

f:id:miyakokara:20180505135521j:image


お土産コーナーも充実♪

写真を撮るのを忘れちゃったんだけど、お土産コーナーも結構充実してたよ。

 

ひよこちゃん饅頭やカップヌードル饅頭はお土産に良さそうやった。どこに行ったかすぐわかるしね♪

 

この日は他にも行くところがあったので買わなかったけどね(笑)


イカップヌードルのその後

その後?

もちろんその日の晩御飯になりました(・∀・)

 

飾っとく人も多いのかもしれないけど、私は思い出をおいとくのが苦手なので(管理できない)その日のうちに美味しくいただきました❤︎

 

大好きなわかめを入れて、マイカップヌードルをさらにレベルアップさせてみた。

f:id:miyakokara:20180505135611j:image

 

増えるワカメが増えすぎてえらいことになった。

 

f:id:miyakokara:20180505135640j:image

増えすぎたワカメ(ハライチ風に)

 


以上、カップヌードルミュージアムレポでした♪

 

ちなみに作ったカップヌードルの賞味期限は一ヶ月だそうな。作った人はちゃんと食べるんだよー(笑)

 

日清食品 カップヌードル 20個入