死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外はかすり傷

明るく楽しく自由気ままに♪

【お金に好かれる考え方】お金は、節約よりも「どう増やすか?」を考えた方がいい

f:id:miyakokara:20180624081809j:image

お金についての勉強したり、いろいろ実践して思うこと。

 

お金は、「節約」より「どうすれば増えるか?」を考えた方が圧倒的に増える!

 

今回は、お金についてのそんなお話。


節約は「お金の出口」を考える「守り」の戦法

もともと私、節約大好き人間でして。

 

子供の頃にガス止まったり電気止まったりしとるからね〜( ̄∀ ̄)HAHAHA

 

多分きっと怖かったんやとおもーう。必死こいてため込んでる時期があった。

 

で、結果的に節約人間になった。

 

ただ、これやとお金は増えない。考え方が貧乏脳で、お金にめちゃめちゃ執着するし、使うべきところで使えんから。

 

「お金をいかに使わないか」に囚われる。

 

節約は、やりすぎると失うものの方が多い

節約すると、たしかにお金は出て行かなくなる。

 

けれど、お金を使うことに罪悪感を持つようになるし、心がギスギスする。人や自分にお金を使えなくなったりね。

 

いわゆる、使うべきところで使えん『ドケチ』になる。

 

今は、節約して得られるものよりも、失うものの方が圧倒的に多いと感じてる。


もちろん節約は大切

もちろん節約は大事。浪費しては意味がない。

 

ただ節約は、

  • 家賃を低く抑える
  • 車を持たない
  • 携帯は格安SIMなどの安いものを使う

など、「固定費を低く抑える」くらいに留める程度で良いと思う。
(上記全て私がしてること)

 

食費などを削るのはやめた方がいい。(こんなん書くと主婦にフルボッコにされそうやけども。)

 

…やめてね?笑(念のため)

 

そりゃ、生活に困窮してる状況であったり、一時的に食費を削る節約が必要な場面はあると思う。私も必死こいて食費削ってた時期があったし。

 

ただ、食費を極端に削ると、栄養が十分に取れなくなるのも事実。

 

結果、風邪をひいたりぶっ倒れたり、長い目で見たら医療費が余計にかかって支出が増える(経験談デース)

 

あとね、変動費に執着しだすと、精神面でとても窮屈になる。無意識に節約が頭をよぎるようになるから余計な計算しちゃうの。その瞬間瞬間を楽しめなくなる。

 

節約は、「無理なく楽しんでできる範囲」に抑えるべし。


「どう増やすか?」に力を入れる

「どう増やすか?」を考えると、出るお金は増えるけど入ってくるお金も増える。

 

私も、「出て行く額」だけを考えたら、以前より圧倒的にお金を使うようになった。(「何に使うか?」は変わったけどね。)

 

ただその結果、お金は少しずつではあるけど増えていっている。

 

「貯金貯金!」って必死に守りに入っていたときよりもね♪


まとめ

お金は、出口よりも入り口を意識すべし!

 

お金は出口を意識することも大事やけど(浪費しては意味がないからね)、入り口を意識することがもっと大事。

 

出口を狭くするのは限界があるけど、入り口を広げるのには限界がないしね♪(そう考えるとすごい話やよね)

 

もしお金の仕組みをサクッと知りたいなら、『金持ち父さん貧乏父さん』をぜひ一度読んでみて♪

 

これね、いろんなところで見かけるロングセラー本やけど、本当に勉強になるよ。

 

お金持ちの考え方が学べるからね。

 

特に、私と同じくこれまで「貧乏脳」やった人にとっては目から鱗やと思う。

 

「そりゃ、お金持ちはさらにお金持ちになるわ〜!」

って思うよ♪

 

以上、みんな大好きなお金の話でした♪

 

 

金持ち父さん貧乏父さん改訂版 アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 [ ロバート・T.キヨサキ ]

 

昔読んだ本なんやけど、表紙が新しくなっててびっくりした!!

 

【中古】 金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 /ロバート・T.キヨサキ(著者),シャロン・L.レクター(著者),白根美保子(訳者) 【中古】afb

 

↑ちなみに私が知ってるのはこっち(笑)