死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外はかすり傷

明るく楽しく自由気ままに♪

本当に必要な“物”とは何か?ミニマリストを目指す人にオススメな映画『365日のシンプルライフ』

365日のシンプルライフ [ ペトリ・ルーッカイネン ]

 

365日のシンプルライフ』を観た。

 

前から観たかった映画やったんやけど、家の近所のTSUTAYAには無く、ネット宅配サービスのTSUTAYADISCASでやっと観ることができた♪

 

ドキュメンタリーのマイナーな映画やから、あまり取り扱いが無いんかもしれんね。

 

ただ、ミニマリストミニマリストに憧れている人には、ぜひオススメしたい映画。

 

生活するために本当に必要なものは何か?を実験したお話。


夜の街を裸で疾走する主人公

まず、物語冒頭でね、思わずつっこんでしまった(笑)

 

物にあふれた生活に嫌気がさした主人公のペトリは、全ての持ち物を倉庫に預けるの。

 

で、そこから1日1個ものを持ってくる生活を1年間続けるわけなんだけどね。

 

ペトリ、物語の冒頭で冬の夜道を素っ裸で疾走するんですわ( ̄∀ ̄)

 

いや、分かるんよ?実験内容は理解してる。

 

分かるんやけどね、
「あなた、死 にまっせ」

と心の中で突っ込んでしまった(笑)

 

だって雪降る真冬に素っ裸で夜道を疾走ですぜペトリさん。

 

冷静に、

『よく、ポリスメンに出会わんかったな』

としみじみ思ってしまった。


理にかなった物選び

ルールで、1日に持って来られるものは1つだけなんやけど、そうなると物を選ぶのにすごく頭を使うんよね。

 

ちなみにペトリが一番最初に選んだアイテムはコート。

 

うん、理にかなっている。

 

ただね、裸にコートは色々アウトやと思う(笑)(どう見ても変◯者)

 

その後も、靴やブランケットなど、「真冬の季節をいかに乗り切るか?」という観点で、ペトリは物を選んでいく。


「物があること=幸せ」ではない

ペトリは、物にあふれた生活を送っていた。

 

でも、決して幸せじゃなかった。

 

最初のペトリ、ほんとーうにくらーい顔してたからね。「なんでも買える」と、物はどんどん増えていくんだけど、ペトリの表情もどんどん暗くなっていた。

 

実験を続けるなかで、ペトリは物から解放され、身軽で自由になっていく。

 

幸せは物に左右されないということ、本当に必要なものはそんなに多くないということを、身をもって知っていくの。

 

心が軽くなっていくのと同時に、ペトリの表情もどんどん明るくなっていくよ♪


ミニマリズム」の本質がよく分かる作品

ミニマリストの中には「いかに物を少なく持つか」という、物減らし競争 になってしまう人も多い。

 

だけど本質はそうじゃなくて、「物に幸せを左右されない生き方」が、ミニマリストミニマリズムなんやと思う。

 

物にあふれた生活が嫌だという人や、ミニマリストに憧れている人に、ぜひ観てほしい映画やと思った。

 

ミニマリストの本質が分かるよ♪

 

記事を書く際に調べていたら、ペトリが選んだ物が詳しくまとめられた記事を発見!


すごい…この記事を書くのにどれだけの時間がかかったんやろう…