死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外はかすり傷

明るく楽しく自由気ままに♪

【ミニマリストと自由】ミニマリストになると得られる4つの自由について

f:id:miyakokara:20180730162028j:image

リゾバ関連の記事を書いて思った。

 

ミニマリストって、自由に暮らすにはもってこいの生き方やなぁと。

 

この記事では、ミニマリストと自由の関係性をまとめてみたよ♪

 

ミニマリストは自由

自由は、大きく分けて、

  • 物質的自由
  • 精神的自由
  • 時間的自由
  • 経済的自由

の4種類があると私は思う。

 

ミニマリストという生き方は、この4つ全てを手に入れられる生き方だなぁとしみじみ思った。

 

ミニマリストと物質的自由

ミニマリスト」や「ミニマリズム」とは、「最小限主義者」という意味。

 

自分にとって必要なものだけで暮らすという生き方。

 

物が不足していた時代には、
ものが豊富にあること=豊かさ
だった。

 

ただ、今は違う。日常には、たくさんの物が溢れかえっている。

 

私たちの生活は、油断するとすぐに不要なものでいっぱいになってしまう。

 

必要ならすぐに手に入れられる環境にあるんやから、今必要のないものはとっておかなくていいし、しがみつかなくていい。

 

ものに支配されず、自分にとって本当に大切なものだけをもって生きる。

 

必要ならすぐに手に入れられる環境の中で生きる。

 

そこには物質的自由があると思う。


ミニマリストと精神的自由

精神的自由とは、「なにものにも縛られない」ということ。

 

もちろん、管理するものが少ないから、ストレスも少なくて済むという意味もあるんやけど。

 

なにより、私は身軽だったからこそ、毒親との縁を切って家を飛び出ることができたし、モラハラ夫とも離婚することができた

 

それを叶えるための手段として、リゾバや住み込みの仕事にも飛び込むことができた。

 

ものが多いと、その手段さえ「ぱっ」とは選ぶことができない。

 

何かあったときは、すぐ行動に移すことができる。

 

これって究極の精神的自由やと思う。安心感が違う。

 

ミニマリストと時間的自由

ものが少なければ、ものの管理にかける時間も少なくて済む。

 

ものが少ないから掃除だってしやすいし、思い立った時にぱぱっとできるから、結果的に綺麗な状態が保ちやすい。

 

できた時間は自分の好きなことに充てることができる。

 

頑張って時間を作ろうとしなくても、時間から自由になれる。


ミニマリストと経済的自由

ものをたくさん買おうとすれば、その分お金もたくさん必要になる。

 

ものには「管理費」がかかる。管理するものの数を減らしてしまえば、かかるコストは少なくて済む。

 

普段意識してなくても、管理費ってかかってるんやよ。たとえば服一つにしても、洗濯代・クリーニング代・保管場所代(家賃)など、たくさんの費用がかかっている。

 

また、物の数を絞ると、一つの物にかけられる予算も増えるから、トータルで同じ予算しかなくても、自分のお気に入りを買うことだってできる。

 

「節約しなきゃ」と意気込まなくても、お金に余裕が生まれるし、お金の不安から解放される。

 

経済的にかなり自由になる。

 


以上、ミニマリストと自由の関係性をまとめてみました。

 

自由に生きたいなら、ミニマリストになっちゃうのが手っ取り早いと私は思う♪

 

youもミニマリストになっちゃえ★

 

 

アイムミニマリスト【電子書籍】[ YADOKARI ]