死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外はかすり傷

明るく楽しく自由気ままに♪

【人にものを勧める時のコツ】人にものをすすめるときは、「よかったらどうぞ」と「こんなんあるよ」

f:id:miyakokara:20180823184042j:image

 

人にものをよくあげる人には、喜ばれる人と嫌がられる人がいる。

 

喜ばれる人は「親切な人」と言われ、嫌がられる人は「おせっかいな人」と言われる。

 

私自身も、普段結構人にものをあげるタイプ。変なところ単純なので、喜んでもらえたら嬉しいしね♪

 

ただ、人になにかあげるときには、気をつけなきゃいけないことがある。

 

これができていないと「おせっかいな人」になる。

 

この記事では、私が普段気をつけている、人にものをあげたり勧めるときのコツをまとめた。

 

押し付ける人は嫌われる

まず、わかりやすく嫌われるのが、押し付ける人。

 

「高いから!」「いいものだから!」

いや、相手断ってるやん。それ、あげたいのあなただけやん。

 

っていう状況ね。

 

押し付けるのはダメ絶対。

 

「あげたい」は自分の気持ち。受け取るかどうかは相手が決める

押し付ける人が嫌われる理由。それは、相手の気持ちを無視してるから。

 

「あげたい」というのは自分の気持ち。受け取るかどうか、欲しいかどうかは相手が決めること。

 

これを無視して押し付けるから嫌われる。

 

「おせっかい」と言われる理由は、相手が求めていないのに、自分の価値観で必要だろうと判断して、相手が欲しがっていないものを与えるから。

 

簡単に言うと、需要と供給があってない。

 

あなたがあげたいものと相手の欲しいものは違うかもしれない。

 

人に何かを勧めるときのベストな具体的イメージとしては、

「こんなんあるけどどう〜?」

「よかったらどうぞ〜♪」

こんな感じ。

 

こちらは提示して、受け取るかどうかは相手の選択にゆだねるの。

 

自分の気持ちと相手の気持ちは分けて考えよう♪

 

「断られた」=「否定された」と捉えない

ときどきいらっしゃるのが、断られたら拗ねる人。

 

もう誘わへんからな!

せっかく言うてあげたのに!

よかれと思って!

 

こういうことを言う人ね。見ていて「うわぁ…」ってなるし、あまりにひどいと関わることがめんどくさくなる。

 

断られたら拗ねる人は、なぜ拗ねてしまうのか。

 

それは、

断られた=否定された

と捉えてしまうから。

 

自分で勝手に被害者意識を持ってしまってる状態やね。

 

相手はそれが欲しくなかったからそう意思表示しただけ。

 

断られた=否定された

は違うよ。

 

自分で勝手に被害者になるのはやめよう。この上なくめんどくさいよ。

 

断られたらあっさり引くこと

おせっかいな人が嫌われる理由はもう1つある。

 

それは「しつこい」から。

 

セールスや勧誘でも、しつこいとうんざりするよね。サービスとかの退会でも、長々引き止められるとイラっとする。

 

逆に、

 

「貴重なお時間ありがとうございました!何かあればお気軽にどうぞ♪」

 

「今までありがとう!またご縁があればよろしくねっ♪」

 

てな感じに、あっさり引いてくれると、「今はいらんけどまた機会があれば頼もう」となる。

 

「いらない」と言われたら、しつこくせずさっと引くべし♪

 

しつこい人はほんと嫌われるぞ。

 

見返りを求めないこと

うんざりするのが、見返りを求めてくる人。

 

せっかく○○したげたのに!

こんなにやってあげたのに!

 

上でも書いたけど、「あげたい」と思ったのは自分。その見返りを相手に求めるのは違う。

 

ここを間違えちゃいけん。

 

また、見返りを求める人と過去に付き合いがあった人は、受け取り下手になることも多い。

 

無意識に警戒してしまうんやろね。

 

ちなみにこれ、過去の私自身。


毒親含め周りの大人に、「○○したったのに!」って人が多かったので、無意識に警戒して、断ってしまうことが多かった。

 

まとめ 

まとめるとポイントは3つ。

  • 押し付けない
  • しつこくしない
  • 見返りを求めない

 

人に何かものをあげたり勧めるときは、

「こんなんあるけどどう〜?」

「よかったらどうぞ〜♪」

精神でいくべし。