死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外はかすり傷

明るく楽しく自由気ままに♪

【映画感想】「ジュラシック・ワールド/炎の王国」は、ブルーのかわいさと人間のアホさ加減がよく分かる映画

æ ç»ãã¸ã¥ã©ã·ãã¯ã»ã¯ã¼ã«ããçã®çå½ã

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」公式HPより

 

ジュラシック・ワールド/炎の王国」を見た。

 

どんな映画かと一言で言うと、「ブルー」がひたすらかわいい映画。

 

そして、人間のアホさ加減がよーく分かる映画だった。

 

※ネタバレあり

 

あらすじ

遺伝子研究により復活した恐竜たちのテーマパーク、ジュラシック・ワールドでの大事件から3年。恐竜達は、大自然の中で自由に生活を送っていた。

 

そんなある日、大火山噴火の予兆が観測される。恐竜達の生死を自然に委ねるべきか、それとも救い出すべきか。

 

人類は、恐竜達のための選択を迫られることになる。

 

かわいすぎる「ブルー」とは

ブルーは、主人公のオーウェンによって育てられたヴェロキラプトル。とても頭が良く、オーウェンの言葉もよく理解する。

 

もともとは4姉妹だったが、前作「ジュラシック・ワールド」でブルーのみ生き残った。

 

今回も本当にオーウェンに対して従順でね。その結果撃たれてしまったりするんやけど、もう彼女が本当にかわゆい。かわゆすぎる。

 

オーウェンのピンチには必ず駆けつけてすごく頼りになる。彼女は、賢さだけでなく、素早さ・戦闘力も兼ね備えているのだ。(なのにオーウェンには従順というそのギャップがもう)

 

最後、オーウェンの言葉を振り切って森に消えていくのもいい。なんというか、「もののけ姫 」のラストシーンを髣髴させる。

 

信頼しあっているけれど、それぞれの世界があって、共存しているというか。

 

▼赤ちゃんのときのブルーはかわゆすぎて萌え死ぬ

youtu.be

 

人間のアホさ加減がよく分かる映画

ジュラシックシリーズの特徴は、「人間のアホさ加減」がよく分かることやと思う。

 

近作でも、恐竜達を、お金や地位や名声のために使おうとする輩が出てくる。そして結局痛い目に遭う。「あーぁ、だから言わんこっちゃない」と言いたくなるシーンが盛りだくさん。これを「人間のアホさ加減」と表現せずになんと言おうか。

 

人は、力を持った途端、自分が偉いのだと勘違いして傲慢になってしまう。

 

恐竜よりも、ある意味人間の傲慢さと欲深さの方が怖いのかもしれない。

 

迫力があるので映画館で見るのがオススメ

映画には、映画館の大画面で見たい映画と、家でゆっくり見たい映画とがある。そしてジュラシックシリーズは、間違いなく映画館で見て欲しい映画!

 

ジュラシックシリーズの見所はその迫力!

 

ぜひ映画館の大画面で見て欲しい。大画面の中で恐竜達が暴れまわるぜよ♪

 

びっくりシーンがいっぱい。音が苦手な人は注意

ただ、注意して欲しいのは、結構びっくりするシーンが多いということ。

 

私は友達と見に行ったんやけど、横で友達が何度もびっくりしているのが、暗闇でもよく分かった(笑)

 

突発的な音だったり映像だったりが多いので、びっくり系が苦手な人は注意が必要かも。ポップコーンとか飲み物ひっくり返す恐れアリ。

 

「グロい」と聞いていたがそうでもなかった

実は先に観に行っていた人から、「なかなかにグロい」という感想を聞いていた。

 

だから「結構グロいのかな?」とある程度の心積もりをして見に行ったんやけど、私の感想としてはそうでもなかった。

 

とはいえ私は、10歳くらいで「SAW」とか「バトル・ロワイアル 」とかを観ていたりもするので、結構グロさに耐性があるほうなのかもしれない。

 

もしグロさに対してあまり耐性がないというなら、ちょっと気をつけたほうがいいかも。(具体的に言うと、腕ぷちっといかれたり、ぱくっと食べられたりする)

 

まとめ ジュラシック・ワールド/炎の王国は、ひたすらブルーがかわいいのと人間のアホさ加減がよく分かる映画

ジュラシック・ワールド/炎の王国を一言で言うと、ひたすらブルーがかわいいのと、人間のアホさ加減がよく分かる映画。

 

夏休みも終わり、人の数もひと段落してきた今見に行くのがオススメやと思う。

 

ぜひ映画館で観るべし♪

 

 

▼前作「ジュラシック・ワールド」では、ブルーの4姉妹も登場するよ♪こちらもぜひチェックされたし★