自由人法帳

明るく楽しく自由気ままに生きたい自由人のブログ

過去の経験から学んだ、距離を置くべき人

f:id:miyakokara:20180916170900j:image

これまでいろいろな経験をしたので、私は最近付き合う人を選ぶようにしている。

 

周りの人を大切にしなきゃと考えてきたけど、こういう人からは離れないとこちらがやられてしまう(経験談でーす)

 

今回は、私がこれまでの経験から学んだ、付き合うべきではない人について。

 

こういった人と一緒にいるのは、楽しくない上に消耗する。

 

なぜか嫌な目に遭うことが多い、人付き合いで疲れることが多いという人は、このタイプの人たちが身近にいないか確認してみて。

 

ドリームキラー

ドリームキラーとは、その名の通り「人の夢をぶっ壊す人」のこと。

 

あなたの夢や目標に対して、「そんなの無理」とか「なにバカなことを」と、否定してくる人やバカにしてくる人。

 

また、「心配して言っている」と、なにかと引き止めようとしてくるタイプもいる。

 

心配する人というのは、その人の価値観でちゃんと心配してくれてはいる。

 

ただね、不安や心配って、本人はそんなこと分かった上で言ってるわけやん。何かを叶えたいと思ったとき、困難なことがあるということもわかっているはず。

 

それを第三者がとやかくいうことは、意見の押し付けでしかない。

 

あなたの夢を阻害するドリームキラーとは離れるべし。

 

▼ドリームキラーに狙われないためには、黙々と行動したほうが良いというお話

【夢は語るべきか?】邪魔されたり否定されて凹む可能性がある場合は、一人黙々と突き進んだほうがいい - 死ぬこと以外はかすり傷

 

クレクレさん

クレクレさんとは、「自分のために他者が動いてくれることを求める人。また、それを当たり前だとする人」のこと。

 

過去わたしは、何度かクレクレさんに遭遇する機会があった。

 

最近交流を絶ったクレクレさんは、何かあればいろいろ聞いてきて、丁寧に答えても無視。答えた後は返信も一切なし。

 

そしてまた、都合の良い時だけ何事もなかったかのように寄ってくるという感じ。

 

最初は「友達やしなぁ」「この子はこういう子やしなぁ」と思っていた。

 

ただね、そのうちふと「あれ?なんで私この子のために一方的に時間使わなあかんのだ?」と思った。

 

時間は有限なのに、なんですかその意味のないボランティアは。と思った 笑

 

あまりにこういうことが続いたので、最終的にブロックして音信不通に至った。

 

普段あまり怒らない人が怒るときは、怒るというより相手のことがどうでもよくなってしまう▼

怒らない人が怒らない理由と怒らない人が怒ったらどうなるか - 死ぬこと以外はかすり傷

 

人間関係はギブ&テイク。持ちつ持たれつ、お互い様だ。

 

だけどクレクレさんは、自分が与えることは考えない。常に「自分が得すること」しか考えない。

 

クレクレさんの見分け方は、相手が与える側の立場になったとき。その性質が本当によく分かる。

 

ちなみにこの子も、自分が与える側の立場に立った時、とてつもなくドケチで驚いた。「え?そこケチっちゃだめじゃない?」ってところをめちゃめちゃケチる。自分のことには湯水のようにお金を使うのに。

 

切る時は罪悪感を感じるかもしれないけれど、クレクレさんとは関わってもロクなことがない。

 

執着されて消耗する前に、積極的に距離をおくことをオススメする。

 

ネガティブな人

ネガティブな人からは全力で離れるべし。

 

▼参考

愚痴や悪口ばかりの人からは全力で離れよう - 死ぬこと以外はかすり傷

 

なぜかというと、感情って感染るから。

 

環境や人間関係って本当に大事。ネガティブな人の話を聞いていると、こちらまでネガティブな気分になってしまう。

 

過去、親戚含め、ネガティブな人に粘着されたことがあるんやけど、もう本当に気が滅入ってしまった。(結果、鬱を拗らせました(笑))

 

人間だから、そりゃ時には不安や弱音を吐きたくなる時もあるかもしれない。

 

でも、あまりに頻繁な場合は距離をおいて問題ないと思う。

 

私自身、うつ病パニック障害など心の病気を多数やらかしている。子供の頃は虐待やネグレクトを受けていた虐待サバイバーでもある。

 

だから、辛いとか悲しいという気持ちは、誰よりもわかるつもり。

 

ただ、その人の課題は、最終的にはその人自身がどうにかするしかないの。

 

最終的には自分の足で立ち上がるしかない。

 

いつまでもネガティブな人は、ネガティブであることを自分で選択しているよ。厳しいかもしれんけど。

 

依存・執着・干渉してくる人

上で書いたように、過去、私は何度か厄介な人に粘着されることがあった。

 

それもあって私は、依存・執着・干渉してくる人がほんっっと大の苦手。(自己紹介にも書くくらい笑

 

笑う門には福来るじゃないけれど、私は常にニコニコしてるようには心がけている。ニコニコしていると、自ずと人が寄ってくる。

 

ただ、その中には厄介な人たちも混ざっている。

 

寄ってくる人の絶対量が増えるわけだから、どうしてもそういう人たちも寄ってきてしまうのだ。

 

また厄介なことに、そういった人はほかの人から距離を置かれてしまうことが多いので、「受け入れてくれそうな人」に寄ってくることが多い(笑)

 

経験上、依存・執着・干渉してくる人からは距離を置くようにしている。

 

こういった人は、こちらを 自分の思い通りに動かそうとコントロールしてくるからだ。相手が自分の思い通りに動くことを期待するし、思い通りの反応を返してくれないと怒ったり逆恨みしたりするから本当に困る。

 

以前は「人を決めつけるのはよくない」と思っていたけれど、「「あれ?」と感じる違和感は、あながち間違いではない」と最近では思う。

 

エネルギーバンパイアにご注意を

エネルギーバンパイアとは、その名の通り「一緒にいることでエネルギーを吸い取られる人」のこと。

 

エネルギーバンパイアにもいろんなタイプがいる。

 

ただ、共通する特徴としては会った後にどっと疲れる・その人と会うことを想像すると重い気分になること。

 

上で例として挙げた人たちも、広くとらえるとすべてエネルギーバンパイアだね。

 

「どんな人にも分け隔てなく接する」ことは、確かに美徳であり理想的。人によってあからさまに態度を変える人はどうかと思うしね。

 

だけど、自分の身は自分で守らなきゃならない。

 

自分の心と体を守るため、そして自分らしく楽しく生きるためには、付き合う人は見極めることも大切。

 

自分の身は自分で守ろう。