死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外はかすり傷

明るく楽しく自由気ままに♪

【断酒の効果】お酒をやめてよかったこと

f:id:miyakokara:20180926112705j:image

1ヶ月くらい前から、私はお酒を断っている。

 

もともと胃が弱かったりむくみやすかったりということもあったんやけど、

  • 「お酒は老ける毒」
  • 「酒に適量はない。一杯から脳に作用する」

などということを聞き、ビビりな私はさらにこれはいかんと思った。

 

というわけで断酒しているんやけど、その効果が素晴らしいので、この記事では、断酒で得られた効果についてまとめてみる。

 

お酒をやめたい人はぜひ読んでみてね♪

 

もくじ

 

むくみが取れた

断酒の効果で1番実感したのが、むくみがとれたこと。

 

私はむくみやすい体質で、お酒を飲んだ翌日は特に、顔や手足がむくんでぱんぱんだった。

 

手の指とか、むくみすぎて痛かったし、顔はむくんでぶっさいくだった。

 

お酒をすぱっとやめてみると、体感でもむくみがとれたことを実感していて、顔や手足がほっそりした

 

今までどんなけむくんでたんだってお話なんやけどね(笑)

 

瘦せた

現在体重計を持っていないので、詳しい体重は不明なんやけど、瘦せた。

 

久しぶりに会った人に、「あれ?なんかほっそりした?」とも聞かれた。

 

 アルコールには食欲増進作用がある。また、酔うと満腹中枢がおバカになるので、ついつい食べ過ぎてしまうことが多い。

 

飲むときにはあまり食べないという人なら太らないかもしれないけど、飲むと食べ過ぎてしまったり、甘いものや脂っこいものが欲しくなる人は、お酒をやめるだけで結構瘦せる。

 

また上で書いたように、むくもとれるため、その分も見た目や体重の変化につながる。

 

顔色が良くなった

私はもともと目の下のクマが濃いんだけど、お酒を飲んでいたときは本当にクマがひどかった。

 

また、顔色もあまりよくなかった。

 

アルコールは睡眠の質を下げる。また、肝臓にも負担がかかる。

 

睡眠の質は下がるわ体は疲れるわなら、そりゃ顔色悪くなるよね(笑)

 

お酒をやめたことで、顔色はかなり良くなったと感じる。

 

肌がきれいになった

「お酒は老ける毒」というのは本当だと思う。

 

私はすぐ肌が荒れてしまうタイプなんだけど、お酒を飲んでいた時の肌はぼろっぼろだった。

 

アルコールには脱水作用があるので、飲めば飲むほど水分が体から出て行ってしまう。

 

また、アルコールを分解する際にはビタミン類も使われてしまうんだそうな。

 

そりゃ、アルコールを飲んで美肌になるほうがおかしいよね(笑)

 

日本酒とか、一部お酒の中にも美容作用があると言われているものもある。

 

ただ、トータルで見ると、アルコールは美肌の敵であると言わざるを得ない。

 

いつでも運転できる

 私的には、これも日常生活では大きな効果だったといえる。

 

私の愛車は50㏄のバイク(げーんーつーきー)なんやけど、結構これでふらっと出かけるのが好き。放浪癖が昔からある。

 

お酒を飲むと、当たり前だけど運転ができない。

 

ゆえに飲んだ後は、行動を著しく制限される。

 

これは私にとって地味に大きなストレスだった。

 

行きたいときに行きたい場所へ行きたいというわがままな部分があるので、いつでもどこでも気の向くままに出かけられることが、私にとっては必要不可欠なのだ。

 

今までは「飲んだら運転ができない」と思っていたけれど、「運転したいから飲まない」という選択肢もアリやもんね♪

 

ぐっすり眠れる

 上でも書いたけれど、アルコールは睡眠の質を下げる。

 

寝酒という言葉があるように、寝入りをよくするためにお酒を飲む人は結構いると思う。私も過去にやっていた。

 

確かに、お酒を飲むと寝入りはよくなることが多い。

 

ただし、そのあとの睡眠の質は低下し、結果的に「浅い睡眠」になってしまう。

 

お酒を飲んでいたころは、ぐっすり寝たのに日中眠かったり体がだるかったりしたけど、これは睡眠の質が悪かったからだと今ではわかる。

 

疲れにくくなった

 アルコールは肝臓で分解されるが、アルコールを分解するために、肝臓にはかなりの負荷がかかっている。

 

そして肝臓が弱っていると、疲れが取れにくくなる。

 

お酒を飲んでいたころを振り返ると、一日中体がだるくて重かった。

 

なんというか、どんよ~りしていた。

 

お酒をスパッとやめた今は、飲んでいたころと比べて日中の疲れ具合が明らかに違う。

 

今までどれだけ肝臓に負担をかけていたのかと、考えるとゾッとする。

 

腹痛がなくなった

私は胃腸が強くない。お酒を飲むとすぐにおなかを下していた。

 

また、腸内環境が最悪だったらしく、汚い話だけど、おならや便がものすごく臭かった。(女としてあるまじき話)

 

アルコールは消化器官にも大きなダメージを与える。

 

私と同じく、胃腸があまり強くない人は、アルコールはあまり飲まないほうがいいと思う。

 

臭い問題が解決

これは私が匂いフェチだということもあるけれど。

 

お酒を飲むと自分がとても臭いと感じる。飲んだ翌日は、口臭はもちろん、体臭も臭い。なんというか、変に甘ったるい何とも言えない臭さなのだ。

 

臭いの原因は、アルコールを分解するときに出るアセトアルデヒドという物質。

 

この臭いがまぁ強烈で、ブレスケア とかいろいろとケアをしても、やはり酒臭いものは酒臭い。

 

お酒を飲む人は気をつけて。自分ではあまり気づかないかもしれないけど、この臭いって強烈やよ。

 

久しぶりに飲んだらどうなるのか?

以上、お酒をやめてみて感じた効果でした。

 

ちなみに、「久しぶりに飲んだらどうなるのか?」と好奇心でこないだお酒を少し飲んでみた。

 

▼結果がこちら

 

アルコールは毒

アルコールは毒だと思う。

 

もちろん、飲むか飲まないかは個人が選べばいいけれど、私は飲まないことを選択する。

 

おまけ ノンアルコール飲料をいろいろ試してみた

お酒をやめる際、せっかくなのでノンアルコールのものをいろいろ試してみた。

 

その結果、ノンアルコールでもおいしいものがたくさんあるということが分かった。

 

特に

は普通にすごくおいしかった。

 

どうやら私は、お酒に爽快感や炭酸のガツンとした刺激を求めていた部分があったらしい。

 

お酒をやめたい人で、爽快感や炭酸の刺激が好きな人は、これらをぜひ試してみて。結構ラクにお酒をやめられるかも♪