死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外はかすり傷

明るく楽しく自由気ままに♪

衣服の手放すタイミングは「着たい」と思わなくなった時

f:id:miyakokara:20181005011755j:image

服を手放すタイミングで悩む人は多いと思う。

 

「この服は毛玉があるけどまだ着れる」

「この服は高かったし、いつか着るかも」

 

そんな風に思って、なかなか服を手放せないという人もいるだろう。

 

では、服はいつ手放せばよいのか?

 

私は「着たい」と思わなくなった時だと思う。

 

「着たい」と思わない服を着るのはストレス

高かった服だけど、着心地があまりよくない。お世話になった人にもらったけれど、自分の好みじゃない。時間がたって、好みが変わってしまった。少し傷んできたけど、貧乏性でなかなか捨てられない。

 

理由はどうあれ、「着たい」と心から思えない服を着るのはストレス。

 

自分ではそこまではっきりストレスだと感じていなくても、なんとなくもやもやする。その服を着ることで、決してハッピーな気持ちにはならない。

 

「着たい」と思わない服は素敵に見せてくれない

自分が本当に「着たい」と思えるお気に入りの服を着るのと、「着たい」とは思わない服を着るのとでは、当然「着たい」と思っている服を着るほうが素敵に見える。

 

「着たい」と思わない服を着るということは、もやもやしつつも自分自身に嘘をついて無理やり納得させているわけだから、そりゃ素敵に見せてくれるわけがない。

 

 

また、「着たい」と思わない服を着ることは、「なんとなく合わないな」と思う人と惰性で一緒にいることと同じ。服も人間関係も、「一緒にいたい」という感覚はすごく大切だと思う。

 

▼参考

一緒にいたいと思う人と一緒にいる - 死ぬこと以外はかすり傷

 

「着たい」と思う服を着るほうが、断然自分の幸福度は上がる。自分自身が満たされて、わくわくするからね。

 

「まだ着れる」なら他の人に譲る

 「着たい」とは思えないけど、まだ着れるから捨てるには忍びない。

 

それなら、ほかの人に譲ってしまえばいい。

 

身近に「ほしい」という人がいるなら譲ればいいし、今はいらない服を買い取ってくれるサービスもたくさんある。

 

個人間で手軽に売りたいなら、メルカリラクマなどのフリマアプリが手軽で便利。オークションなら、ヤフオクがよく売れる。

 

配送などが手間なら、地元掲示板のジモティーで募集して直接手渡しすればいいし、セカンドストリートトレジャーファクトリー などの古着屋さんに持ち込む手もある。

 

ある程度の分量があるなら、宅配買取のネットサービスを利用するのがおすすめ。いらない服を買い取ってもらったお金で、ほしい服を買いなおすこともできる。

 

宅配買取のネットサービスで有名どころは、買取王子フクロウブランディア など。

 

また、こちらはブランド物のバックなど限定になるけれど、ネットオフの宅配買取サービス もある。こちらは本やゲームのリサイクルで有名な、ブックオフのネットショップ。

 

「処分したいけどそのまま捨てるのは忍びない」なら他の方法で使い切る

 売れるほどきれいな状態ではないけれど、捨てられないなら、ほかの方法で使い切ってしまえばいい。

 

おすすめは、お掃除のウエスとして使う方法。私も、毛玉が出てきたりよれたりして、売ることはできないけれど捨てられない服は、この方法で使い切ることも多い。

 

▼参考 掃除を簡素化して組み合わせれば、手間なくキレイが保てておすすめ

【ミニマルお掃除】めんどくさがりさん必見!マイクロファイバークロスとフローリングワイパーで、おうちの8割の掃除ができるよ♪ - 死ぬこと以外はかすり傷

トイレブラシはいらない!トイレブラシを置かない理由とトイレブラシを使わない掃除方法 - 死ぬこと以外はかすり傷

 

まとめ 「着たい」と思う服を着るべし!

 自分の体はひとつしかないし、時間は有限。着られる服の数は限られている。

 

それなのに、「着たい」と思わない服を着るのはもったいないよ。

 

「着たい」と思わない服はどんどん手放して、本当に自分が「着たい」と思う服を着よう。

 

ちょっとしたことだけど、毎日の満足度は格段に上がるよ♪

 

衣服は「まだ着られる」じゃなくて、「着たい」と思わなくなった時が手放すタイミングやよ。