死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外はかすり傷

明るく楽しく自由気ままに♪

人生は想像以上に流動的

f:id:miyakokara:20181014220833j:image

最近すごく思うこと。

 

「人生設計」という言葉があるが、私は、人生はすごく流動的なものだと思う。

 

というか私は、人生設計ができない(笑)

 

1年後のことなんて誰にもわからない

たとえば今から1年後、私はどうしているだろうか。正直全然わからない。

 

1年前は結婚していたし、2年前には療養生活中だった。3年前には専門学生だった。

 

この間全て、違う場所で生活しているし、リゾバに行ったりもしていた。

 

私は自分で思っている以上に、わがままで気ままでで束縛が嫌いだ。自由に生きたくて、このブログだって始めた。

 

私ほどじゃ無いにしても、1年後のことってみんな分かっているのだろうか?

 

たとえば、今年2018年は、各地で災害が多発した。台風が次から次へとやってきて、大型の地震が各地で起こった。

 

1年前、誰が予測できただろう?

 

今この瞬間を大切に、精一杯生きる

過去に起こった出来事は、戻って変えることはできないし、未来に起こる出来事は、誰にも予測することはできない。

 

確実に存在しているのは、今この瞬間だけ。

 

だから今この瞬間を、精いっぱい力の限りに生きること。

 

力の限りに生きるといっても、自分を追い詰めるのではなくて、明るく楽しく前向きに。自分の「好き」に貪欲に。

 

いつ死んでもいいと思うくらい後悔なく生きる

私は子供のころ、虐待やネグレクトを受けていた

 

心身ともに、たくさんの病気も経験した。

 

だから子供のころから、正直いつ死んでもいいと思っていたし、むしろ早く死にたいと思っていた。

 

私の見ている世界と周りの人の見てる世界が違いすぎて、苦しくて苦しくて、早く楽になりたかった。

 

「いつ死んでもいい」

 

文章にすると同じ言葉だけれど、今は違う意味でこの言葉をとらえている。

 

今は、「いつ死んでも後悔しない」という意味だ。

 

確かにやりたいことはたくさんある。

 

「死ぬまでにやりたいことリスト」を作ったので、これを実現させるという夢や、場所や時間や人間関係に囚われず、自由気ままに生きるという目標もある。

 

でも多分、今はたとえいつ死んだとしてもあまり後悔しない気がする。

 

死んだら死んだで仕方ないなって感覚。全力で今を生きているから、正直そんなことを考える余裕がないかもしれない(笑)

 

必要なものだけを持って生きる

 先のことなんて分からないのだから、「いつか」のために物をため込むのは、私にとってはすごくしんどい。

 

私は常に、今必要なものだけをもって生きるようにしている。

 

必要なものだけをもって生きると、物に囚われることがなくなる。

 

物の管理にかかっていた時間やお金を、ほかのことに使うことができる。

 

また、いざというときは、いつでも動くことができる。

 

今は、「定住したくない」「再婚したくない」「自由に生きたい」と思っている。

 

けれどもしかしたら、この先家を持ちたくなるかもしれない。家族を持ちたくなるかもしれない。

 

また結婚するかもしれないし、もう結婚しないかもしれない。

 

私は好奇心旺盛な気分屋でもある。先のことなんて、本当にわからない。

 

でも、あれこれため込まずに必要なものだけで身軽に暮らしていれば、したいことがあったときは「ぱっ」と飛び込むことができる。

 

人生は想像以上に流動的

変わらないものなんて何ひとつ存在しない。

 

だから確実な今を精いっぱい生きること。まだ起こっていない未来を不安に思うんじゃなく、悲観するんじゃなく。

 

取り戻せない過去に囚われるんじゃなく。

 

不要なものをため込むよりも、大切なものを、きちんと大切にすること。

 

人生は想像以上に流動的だ。

 

▼関連記事

人生は線じゃなく連続する点!「嫌われる勇気」から学ぶ人生がラクになる考え方 - 死ぬこと以外はかすり傷