自由人法帳

縛られず囚われず楽しく生きたい自由人のブログ

【お金の不安から自由に】ミニマムコストを把握する

f:id:miyakokara:20181021190903j:image

お金に不安を抱えてる人は多い。

 

現実問題として、お金がないと生活できないからね。

 

衣食住という言葉があるように、着るもの・食べるもの・住む場所、手に入れるためにはある程度のお金がかかる。

 

お金の不安は生きてる限りずっとつきまとう。ただ、その不安を軽くする方法はたくさんある。

 

この記事は、その中でも今すぐにできる、ミニマムライフコストについて。

 

もくじ

 

ミニマムライフコストとは?

ミニマムライフコストとは、最低限これだけあれば自分は生活できるなという金額のこと。

 

お給料などに対して「最低●●円以上は欲しい!」という人は多いけれど、ただ生活していくだけなら、それほど必要な金額は多くない。

 

一人暮らしなのか、家族がいるのか。車を持っているのかいないのか。賃貸なのか持ち家なのか。

 

その人によっていくらかかるのかは変わってくるけれど、「自分はいくらあれば生活できるのか?」を知っておけば、お金に対する不安はかなり軽くなる。

 

1ヶ月いくらあれば自分は生活できるのか?

・家賃

水道光熱費

・通信費

・食費

・娯楽費

・雑費

など、「1ヶ月にいくらあれば自分は生活できるのか」を一度洗い出してみよう。

 

雑誌や本などでは、生活費の平均額がよく特集で組まれているけれど、大切なのは、平均がどうかではなく自分の場合はどうなのか。

 

平均はあくまで平均でしかない。日本人は「みんな一緒」に安心することが多いけれど、それではいつまでたっても不安は消えない。

 

同じ「ひとり暮らし」でも、

  • 車のあるなし
  • 都会か田舎か
  • 安いスーパーが近くにあるか
  • 実家などからなにか支援を受けているのか

などで、必要になる金額は変わってくる。

 

たとえば私は、公共機関かバイクを使うので車は必要ない。維持費が高いし、必要な時はカーシェアやレンタカーを使うつもり。

 

▼今は全国の格安レンタカーを一括で探せるこんなサービスもあるしね♪

全国の格安レンタカー予約ならskyticketレンタカー♪  

 

ただこれも、田舎であれば車は重要な足として必要になる。

 

自分に何が必要なのか、そしてそれによって必要な金額はいくらなのか、自分できちんと把握しておくことが大切。

 

1度今現在必要な金額を書き出してみよう。

 

月10万あれば十分生活できる

ただぶっちゃけると、月10万もあれば生活することはできる。

 

今はシェアやリサイクル・マッチングなどのサービスもたくさんある。ほんと、低コストで暮らせる時代になったなぁとしみじみ思う。

 

人と比べたり贅沢を望まなければ普通に生活はできるのだ。

 

私はお金に困った経験があるから、10万でもかなり普通に生活して十分賄うことができる。これは自分の強みだと思う。

 

1ヶ月に使うお金が少なければ無理せず貯金できるし、貯金が習慣化すれば、貯金すること自体が当たり前になる。

 

浪費体質じゃなく貯蓄体質になっておけば、不安なく自由に暮らすことができる。

 

▼貯金が苦手なら貯蓄体質の人の考え方を学ぶのがオススメ

▼節約しつつ豊かに暮らす方法が知りたいならこちらをどうぞ

お金の不安から自由になろう

お金の不安は一生つきまとうもの。なぜなら、未来のことは誰にもわからないから。

 

ただ、捉え方ひとつ、行動ひとつで不安を軽くすることはできる。

 

まずは、自分にとって必要な金額をきちんと知って、お金の不安を軽くすべし♪