死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外はかすり傷

明るく楽しく自由気ままに♪

ミニマムに暮らすにはスマホをフル活用する

f:id:miyakokara:20181108235944j:image

転々と暮らしてきた私がすごく思うこと。

 

それはスマホをフル活用すれば身軽でミニマムに暮らせる」ということ。

 

スマホはひとつで何役もこなすマルチデバイス

スマホは本当に何でもできるマルチデバイスである。スマホさえあれば、今や大半のことはできてしまうと言っても過言ではない。

 

今はいろいろなウェブサービスがあるけれど、スマホには「アプリ」というさらに便利で活用できるものがある。

 

これらを活用しない手はない。

 

連絡ツールとして

まず、スマホ本来の使い方。電話やメールはもちろん、今はLINEが主な連絡ツールとして活用されている。

 

かつては家にしか電話がなかったりしたのに、今や外にいようがどこにいようが電波さえ届けば連絡がつくのだ。

 

(「繋がりすぎ」という弊害もあるけれど、これは自分で上手くコントロールすればよい話)

 

考えてみたらすごい話よね。ほんのここ10年くらいで、これが当たり前になったんだからさ。

 

時計として

スマホを時計や目覚まし時計の代わりにしている人は多いだろう。

 

また、私は一度集中モードに入ると集中しすぎて時間を忘れてしまうことがあるので、スマホのアラームには大変お世話になっている。

 

▼アラームのアプリにも今はいろいろなものがある。気になる人はこちらもどうぞ♪

【2018年】目覚まし・アラーム おすすめアプリランキングTOP10 | iPhoneアプリ - Appliv

 

カメラとして

 こちらもかなり多くの人がお世話になっているであろう使い方。

 

スマホカメラの画像の美しさは素晴らしい。デジカメを持っていなくても、簡単にきれいな写真を撮影することができる。

 

LINE Cameraなどの写真加工アプリを使えば、写真の撮影・合成・加工までスマホ1つでできてしまう。

 

プリンターとして

 これは私がおすすめする使い方。私は過去にパソコンで仕事を請け負っていた時期があるんだけど、その頃も今もプリンターを所有したことがない。

 

どうしていたかというと、スマホとコンビニプリントを合わせて使って、プリンター代わりにしていたのだ。

 

▼やり方はこちらからどうぞ

プリンターは不要♪コンビニプリントを使えばプリンターいらず♪ - 死ぬこと以外はかすり傷

 

※コンビニによって、対応しているネットワークプリントの種類が違うので、利用される際は注意!

 

手帳やメモとして

 こちらも私のおすすめな使い方。以前は紙の手帳を使っていたけれど、もう何年もの間、スケジュールはスマホで完結させている。

 

現在私が使っているスケジュール管理アプリは「Lifebear」。これひとつで、カレンダー・タスク・メモが管理できる優れものだ。

 

他にスケジュール管理でおすすめなのは、「Google カレンダー」「Evernote」がおすすめ。

 

Googleカレンダーは同機が簡単で、EVERNOTEは自由度がかなり高い。

 

アルバムとして

 撮りためた写真は、クラウドを活用すればほぼ無制限に保存が可能。

 

アルバムって地味にかさばる。私は転々と暮らしてきたので、卒業アルバムなどの類も持っていないんだけれど、全くもって困らない。

 

むしろ、そういったものを持っていたら、間違いなく今のように身軽には暮らせていないだろうなと思う。

 

かさばる写真にお困りなら、スマホクラウドをアルバム代わりにしてみてはいかがだろうか。

 

データとして保存ができるので、焼き増しなども簡単にできておすすめ♪

 

アルバムして使うなら、「Google フォト」がおすすめのクラウドサービス。

 

辞書として

 私は子供のころ、紙の辞書を読むことにはまっていた時期がある。自分の知らないことがいっぱい書かれていて、調べたい言葉の横の言葉、そのまた横の言葉、と、気が付けばあたりが暗くなっていたという経験がある。

 

さすがにここまでの変人はあまりいないと思うけど、今やスマホは辞書の代わりになりつつあると思う。

 

かつては辞書を引いて調べていたのが、今はスマホで検索することに変わった。気になったら即調べる癖は、今なお現役である(笑)

 

ネットを辞書代わりに使うのもいいけれど、「ちゃんとした辞書のほうがいい!」という人は、辞書アプリや、kindleなどの電子書籍の辞書を使うのがおすすめ。

 

翻訳機として

 たとえ外国語を話せなくても、スマホがあれば結構なんとでもなる。

 

実際私は、過去に仕事で海外の人とやりとりをしたり会話をしたりしていた時期があるんだけど、その時もスマホをフル活用することでコミュニケーションをとっていた。

 

もちろん英語は話せない(笑)

 

LINEでのやりとりなら、「LINE翻訳」アカウントをトークに参加させれば、通訳を行ってくれる。

 

実際の会話で使いたいなら、「Google 翻訳」などの翻訳アプリを使えばよい。

 

今やスマホがあれば、英語や外国語が話せなくても、もはやなんの問題にもならない。

 

オーディオデバイスとして

 スマホで音楽を聞く人も多いだろう。かつてはウォークマン iPodなどの音楽プレーヤーを持っていた人も、今はスマホしか持ち歩かないという人は多い。

 

音楽も、ダウンロードだけでなく、「AWA 」や「Spotify 」などの音楽ストリーミングサービスを使えば、お手頃価格で音楽を楽しむことができる。

 

個人的におすすめな音楽サービスとしては、Apple music4500万曲が月額980円で聴き放題。最初の3か月は無料で試せるという超太っ腹なサービスなので、気になる人はぜひ試してみてほしい。

 

Apple musicのレビュー記事もあるので、気になる人はどうぞ

【Apple music試してみた】4500万曲が月980円で聴き放題!3ヶ月無料で試せるから、お試しだけでもおすすめよん♪ - 死ぬこと以外はかすり傷

 

本棚として

 読書好きにとって切実な問題なのが置き場所。私はミニマリストなので、特に物を増やしたくない欲求が強い。図書館やレンタルサービスを使ったこともあるけれど、やはり返却期日を気にせず、じっくり読みたいという欲求もある。

 

そこでおすすめなのが、スマホを本棚にしてしまうこと。電子書籍なら置き場所に困らない。また、持ち運びの心配もないから、仕事の休憩時間中や移動中にも、場所を選ばずに読むことができる。

 

私が使っているサービスでおすすめなのが、Amazonkindle unlimited月額980円で、対象のkindle本が読み放題になるサービス。全ての本が読めるというわけではないけれど、ラインナップも豊富でこのお値段なのは素晴らしい限り。

 

kindle unlimitedのレビュー記事はこちら

【kindle unlimited 試してみた】月980円で読み放題!本好きはもちろんミニマリストにもオススメ♪ - 死ぬこと以外はかすり傷

 

映像メディアとして

youtubeをもはや知らない人はいないだろうし、ニコニコ動画なども、一部の層には今なお根強い人気がある。

 

映画だって今やスマホから見ることができる。私の家にはテレビがないんだけれど、動画や映画を見るため、まったくもって困らない。

 

映画が好きなら、AmazonプライムPrime Videoはすごくおすすめ。一生かかってもおそらく見られないであろうラインナップが揃っている。

 

ついつい見だすと止まらなくなる。ちなみに最近では、「ミレニアム」と「アイアムヒーロー」を見てドはまりした。

 

Amazonプライムについてはこちらをどうぞ

【Amazon プライム 試してみた】月325円で、映画・音楽・本が楽しめて送料も無料!(もっと早く入っておくべきやったー笑) - 死ぬこと以外はかすり傷

 

お財布として

 私はやっていないけれど、スマホをお財布として使う人も多い。「おさいふケータイ」というやつだ。

 

また、スマホ自体をお財布にするわけではないから趣旨といては若干離れるのかもしれないけれど、私は支払いのほとんどをカードで済ませていて、明細もスマホで見ているので、スマホがお財布代わりになりつつある。

 

また、ポイントカードも、使うものを厳正して、スマホで管理している。

 

マネーツールとして

銀行の預金管理や、クレジットカードの明細、株の売買なども、今はスマホで簡単にできる。

 

私は現在、ゆうちょ銀行と楽天銀行の2つを主に使っていて、どちらもスマホアプリで管理している。(ゆうちょ銀行も手続きをすればウェブ上で管理ができるようになる

 

株については私はど素人なんだけど、楽天証券なら「iSPEED - 楽天証券の株アプリ - Rakuten Securities, Inc.」というアプリを使うことで、スマホで株の取引ができるようになる。

 

クレジットカードについては、楽天カードなどが、スマホ用のアプリがある。

 

自分のお店として

 「メルカリ」「ラクマ」などの不用品を気軽に売ることのできるアプリから、楽天商品を売ることのできる「ROOM」、ハンドメイド品を売ることのできる「minne」、自分のスキルを売る「ココナラ」、写真を売れる「スナップマート」など、今や個人が簡単にお店を持つことができる。

 

もう少し本格的にしたいという人なら、「BASE」などでネットショップを本格的に作る方法も。

 

スマホ1つあれば、今や簡単に自分のお店が作れるのだ。

 

ミニマムに暮らしたいならスマホをフル活用すべし!

昔と比べて、今は本当に身軽に暮らすことが可能になったと感じる。これほどまでに物を持たずに暮らせるようになったのは、間違いなくスマホのおかげだと思う。

 

これほどまでに便利なツールを、活用しないのは本当にもったいない。ミニマムに暮らしたいなら、スマホをフル活用すべし♪