死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

死ぬこと以外はかすり傷

明るく楽しく自由気ままに♪

【ナイアード ガスール 使ってみた】週1パックでお肌ツルツル!ガスールはミニマリストにぴったりな天然美容アイテムだった

f:id:miyakokara:20181206102814j:image

ナイアードのガスールをご存知だろうか?

 

ガスールはモロッコの粘土。汚れを吸着してくれる、天然の美容アイテムなのだ。

 

ナイアードのガスールを知ったきっかけは、こちらの記事を読んで。

【全持ち物一覧:身だしなみ】ミニマリストOLの全バスグッズ12点~2018年版~ | クリアリストドットコム

 

ブログの筆者・みそぎさん(元ヤドカリさん)は、元トランク1つで暮らしていたミニマリスト

 

外国も飛び回っているとてもパワフルな方で、暮らしは洗練されていてすごくオシャレ。

 

ひそかに憧れているミニマリストさんの1人なのだ(とても素敵なお姉さんというイメージ♪)

 

みそぎさんのブログはこちら≫クリアリストドットコム

 

この記事は、ナイアードガスールのレビュー記事である。

 

基本の使い方やオススメの使い方などもまとめたので、

ガスールってどんなの?」

「使ってみたい!」

という人は読んでみてね♪

 

もくじ

 

粉末タイプと固形タイプアリ

ナイアードのガスールには、粉末タイプ固形タイプの2種類がある。

 

ナイアードの公式サイトによると、

ガスール本来のふっくら柔らかな使い心地の「ガスール固形」、なめらかな使い心地の「ガスール粉末」の2タイプがあります。

とある。

 

使い心地に違いがあるらしい!(知らんかった)

 

また、固形タイプと使い比べてみた人のレビューも調べてみたところ、固形の方がやや溶けるのに時間がかかるみたい。

 

固形タイプは持ち運びには便利そうやけどね♪

 

なめらかで溶けやすいものがいいなら粉末、ふっくら柔らかな使い心地と持ち運びに便利なものがいいなら固形と、好みに合わせて選ぼう♪

 

ちなみに私が購入したのは粉末タイプ。

f:id:miyakokara:20181206093114j:image

 

使い方

ガスールにはいくつかの使い方があるが、基本は水に溶かして使う。

 

よく知られている方法としてはパックとして使う方法だけど、ほかにも、ボディーソープやシャンプーの代わりに全身も洗えるし、シェービングクリームや、入浴剤・化粧品の素材としても使える。

 

- 用途:
【顔】 洗顔、パック、クレンジング
【髪】 洗髪、ヘアパック
【身体】 全身の洗浄、入浴
手づくり化粧品の基材にも

ガスール naiad ナイアードより

 

洗顔・パック・洗髪・全身の洗浄・化粧品の基材・入浴剤と、「マルチに使える」ミニマリストが大好きなアイテムだ。

 

顔や体を洗う際には、水で溶かしたガスールで優しくマッサージするように行うと良いよ♪

 

※あまり強くこすると肌が傷つくことがあるのでこすりすぎ注意。

 

水:ガスールの割合をくわしく知りたい人はこちらから▼

ガスール~使い方~ naiad ナイアード

 

使い方がわかりやすい動画チャンネルもあるので、こちらも合わせてどうぞ▼

ナイアード - YouTube

 

使ってみての感想

使ってみての感想としては、毛穴がすごくスッキリする!

 

まさに毛穴大洗浄‼︎って感じやね 笑笑

 

また、私は匂いフェチなんだけど、ガスールの独特の香りが結構好きだったりする。

 

文章で表現すると、「粘土の匂い」「泥の匂い」としか表現しようがないんだけど、決して嫌な臭いではない。

 

すごく落ち着く匂いなのだ。多分、墨の匂いが好きな人とかめちゃくちゃ好きだと思う。

 

使いやすい方法

ガスールは、器に入れて溶かす人が多いと思うんだけど、後片付けが楽でオススメな方法があるのでご紹介する。

 

それはジップロックに入れて使う方法。

 

ガスールと水をジップロックにいれて、モミモミする。

 

f:id:miyakokara:20181206102039j:image

f:id:miyakokara:20181206102044j:image

絵面的にはかなりきちゃないけども(笑)

 

これなら手も汚れないし、使った後は洗わずにそのまま捨てることができる。(見たかこれがめんどくさがりの発想力だ 笑)

 

そのまま袋から取り出して使ってもいいんだけど、生クリームを絞る要領で袋の先を切って使うと使いやすいよ♪

f:id:miyakokara:20181206102147j:image

 パックで使う際には硬めに仕上がるので、袋の先はやや大きめに切るべし。

 

▼ちなみに保存の際にもジップロックが便利♪(ガスールは周りの臭いを吸着するので、匂いフェチは特に注意)

f:id:miyakokara:20181206103105j:image

 

注意点

ガスールを使うときの注意点。

 

強くこすらない

上でも書いたけど、ガスールは天然の粘土なので、稀に粒が大きいことがある。

 

強くこするとお肌を傷つけてしまうことがあるので、力を入れず優しくマッサージするように使うべし。

 

水で溶かした後はすぐ使う

ガスールは天然の粘土なので、保存料が入っていない。なので、使い残しをそのまま置いておくと雑菌が繁殖してしまう。

 

ガスールは使うその都度溶かし、水で溶かしたガスールはなるべく早く使うべし。

 

使ってみた感覚としては、全身を洗うとかでない限りそんなに多くの量は使わない。

 

残さず使うなら、大さじ1杯くらいを目安にしたらいいと思う♪

 

f:id:miyakokara:20181206102302j:image

f:id:miyakokara:20181206102323j:image

▲作りすぎてしまった図

 

すぐ使いたいならこんなアイテムもあるよ

ナイアードのガスールには使用感が劣るかもしれないけれど、「いちいち水に溶かすのがめんどくさい!」という人にはこんなアイテムもある。

 

過去に使ったことのあるアイテムで、毛穴がすごくスッキリする。

 

水に溶かすのめんどくさいわ‼︎

手軽にガスールを使いたい‼︎

って人には、こちらもオススメのアイテム。

 

チューブタイプなので、使いたい分だけ出せるしね♪

 

週1のスペシャルケアにいかが?

ガスールは汚れの吸着力が高いので、使うと肌がとてもスッキリする。

 

ただ、吸着力が強すぎるので、週1くらいの頻度で使うのがおすすめ。

 

使いすぎると皮脂を取り除かれすぎてしまう。

 

週1ガスールのシンプルケアで、ツルツルお肌をゲットだぜ♪

 

 

▼ お試しで使うなら小さめサイズがおすすめ

 ▼お得に買うなら大容量がおすすめ

 

 関連記事

▼ちなみに普段のケアはめちゃシンプル(笑)(I am めんどくさがり)

【ミニマリストのスキンケア2018冬】コスパ&保湿の両立ができるシンプルスキンケア