死ぬこと以外かすり傷 ( ̄▽ ̄)

自由人法帳

明るく楽しく自由気ままに生きたい自由人のブログ

身軽になるほど自由度が上がる!物の少ない生活と自由に生きるコツ

f:id:miyakokara:20181214224337j:image

私は子供のころからいろんなところを転々としているので、もともと持ち物は少ない。

 

ただ、最近さらに身軽に動き回りたくて、持ち物を現在見まわし中。

 

さらに減らせるものはないだろうかと、検討に検討を重ねていたりもする(笑)

 

(近々現在の持ち物を数えて、記事としてまとめたい!)

 

少ない持ち物で暮らす中で感じたことは、身軽になるほど自由度が上がるということである。

 

もくじ

 

私の場合

たとえば、少ないもので暮らしている私の場合、気楽にふらっとでかけたりする。

 

一人でプチ旅にふらっと出かけたりするのが大好き。

 

夜行バスとかネカフェとか安宿とかを活用すれば、料金もかなり抑えられるしね。

 

普段から少ないもので暮らすことに慣れているため、旅の時も基本的にほとんど荷物が増えない。

 

結果、身軽な持ち物でいろんなところを飛び回ることができるのである。

 

関連記事:【かばんの中身公開】自由大好き&身軽に動きたい私のかばんの中身

 

▲こちらは普段のかばんの中身だけど、一泊とかで出かけるときも、これプラス服とスキンケア用品やパソコンなどが増えるだけである。

 

リュックひとつに余裕でおさまる。

 

物が多いと身動きが取れない

たくさんのものを抱え込んでいると、いざ動きたいというときに身動きが取れない。

 

太っていて体が重いと運動することがめんどくさくなってしまうのと同じ理由で、たくさんのものを抱えこんでいると腰が重くなる。

 

なにかしたいことがあっても、「また今度」と、いろいろな理由をつけてあきらめてしまいがちになる。

 

持ち物が多い=その行動をするまでに時間がかかってしまう。

 

結果的に腰が重くなってしまい、身動きがとりづらくなるのだ。

 

自由に生きるコツ=なるべく身軽でいること

事由に生きるコツとは何か?

 

一言でいうと、なるべく身軽でいることだと私は思う。

 

もちろんこれは心理的な部分や金銭的な部分もあるけれど、今すぐにできることが、少ないもので暮らすこと・少ないもので暮らすことに慣れること。

 

人間は習慣の生き物で、慣れるまでには時間がかかるけれど(習慣化するまでにかかる時間は約3週間)、一度慣れてしまうとそれが普通になる。

 

やや強引にでも、習慣づけてしまえば、あとはこっちのものなのだ(笑)

 

関連記事:「習慣」を味方につける

 

圧倒的に身軽で自由に生きたいなら物を減らせ!

圧倒的に身軽で自由に生きたいと思うなら、その第一歩はまず物を減らすこと。

 

いざというときや、チャンスがやってきたとき、身軽でないと飛び込むことはできない。

 

チャンスは万全な体制の時にやってくるとは限らないし、むしろチャンスをつかめるか否かは自分次第であるとも私は思っている。

 

「チャンスの神様には前髪しかない」なんて言葉もあるくらいやしね。

参考:カイロス - Wikipedia

 

持ち物の数は少なくして、身軽にいつでも飛び込んでいけるようにすべし♪

 

関連記事

シェアリングエコノミーやスマホを活用すれば、物の数はかなり減らすことができる