自由人法帳

自由気ままに楽しく生きたい自由人のブログ

「リメンバー・ミー」から学ぶ、夢を叶えるシンプルなコツ

ギャラリー|リメンバー・ミー|ディズニー公式より

 

友達から「リメンバー・ミー」のDVDを借りた。

 

以前から気になっていたんだけどね、見て号泣した。(ええ話やし、めちゃめちゃ深い話だった。)

 

 

▼映像も幻想的ですごくキレイ。

youtu.be

 

物語としてもすごくいい話だったんだけど、この映画は、シンプルだけど絶対的な「夢の叶え方」がよくわかる話だとも思った。

 

この記事は、リメンバー・ミーから学ぶ夢の叶え方について。

 

もくじ

 

できない言い訳をしてるうちは絶対できない

主人公の少年・ミゲルは、耳コピでギターを弾けるほどの音楽の才能を持っている。

 

だけど、彼の家族は音楽を一切禁止している。

 

ご先祖のひいひいおじいさん(あってる?笑)が、ミュージシャンになる夢を追いかけて帰ってこなくなってしまったから。

 

音楽は家族をバラバラにする。だから音楽は禁止、というのが家族の絶対的な掟。

 

ミゲルも最初はその掟に従い、「音楽は禁止されているから」と、夢を諦めていた。

 

なんでもそうだけど、「できない理由」を探しているうちは絶対にできない。

 

本当にやりたいことがあるのであれば、やっちゃえばいい。

 

僕は/私はこれがしたいんだ!という強い気持ちで行動し続けた結果、夢は叶うのだ。

 

家族であっても理解のない相手なら離れざるを得ない

最初は「音楽は禁止」という家族の掟を守っていたミゲル。

 

だけどついに「もうこんな家族嫌だ!」と、家族よりも自分のやりたい音楽を選ぶ。

 

結果、死者の世界に行ってしまって、一時的には後悔するミゲルだけど、これって至極当たり前の行動。

 

むしろ、「ミゲルよくやった!」と個人的に思った(笑)

 

家族だろうがなんだろうが、理解しようとせず意見を押し付けたり行動をコントロールしようとする相手とは一緒にいられない。

 

私自身、家族関係にはめちゃめちゃ苦しんだから、余計に思う。

 

めちゃめちゃ私情が入ってしまって申し訳ないんだけど、「家族家族」言うてベタベタするけど、ミゲルが自分の言う通りにしないとブチギレるおばあさんに、全く同じことをする親や身内を重ねてしまい、寒気がした。

 

毒親ならぬ毒ババァやんと、心の中で毒づいてしまった(笑)(ごめん)

 

夢を求めた結果、失うものはたしかにある

死者の世界でミゲルが出会ったガイコツのヘクター。

 

実は、彼こそがミゲルのひいひいおじいちゃんだった。

 

ヘクターは最初、死者の橋を渡ることができなかった。

 

1人で死んでいったため、誰も彼の写真を飾る人がいなかったからだ。

 

夢を追いかけて家族を置いて行ったヘクターだけど、実は生前、家族のもとに帰ろうとしていた。

 

でもその途中で、一緒に音楽活動をしていた相棒・ラクルスに裏切られて殺されてしまう。

 

さらに、ヘクターの作った曲なども、全てデラクルスに奪われてしまった。

 

ヘクターは誤解されたまま、1人孤独にその生涯を閉じたのだった。

 

夢を追いかけるということは、ある意味安定を捨てるということでもある。

 

常に挑戦し続けるということやからね。

 

夢を追いかけた結果、失うものは確かにある。

 

でも本気で行動すればなんとかなる場合もある

音楽の夢を追いかけて、1度は家族を捨てたヘクターだったけど、その後必死で行動を起こす。

 

妻のイメルダにも全力でぶつかっていく。

 

イメルダの立場からすると、本当に好きだったからこそヘクターのことを許せんかったんやろうなぁ…。

 

と、いうか、私なら、許すとか許さん以前に「え、今更なに?」ってなると思う(笑)

 

信じたいとも思えんやろし。

 

ただ、ヘクターの行動と必死さが功を成し、その後何だかんだ2人の関係は再構築される。

 

この時のヘクターの新たな夢は、家族との関係の再構築だったんやろうね。

 

夢を叶えたいならなりふり構うな

リメンバー・ミー」、見ていてなんか色々と辛かった(笑)

 

家族を捨てて家を出て行ったヘクターは両親とかぶるし、「もうこんな家族嫌だ!」「自分らしく生きたい!」と強く思ったミゲルは、まさに過去の自分だったから。

 

ミゲルは結果的に家族との関係が良好になったけど、私は断絶を選んだしね(笑)(ま、そこは物語やしめでたしめでたしのハッピーエンドのほうがいいってことで♪)

 

本気で夢を叶えたい!そのためにはどうすればいいの?と思う人は、ぜひリメンバー・ミーを観てみて。

 

夢を叶えるためになりふり構わず行動するミゲルは、すごく参考になると思うから。(犯罪スレスレのことやっとるけども 笑)

 

 ▼これ、お墓にしのびこんで飾ってあったギターを勝手に弾いてらっしゃいます(笑)

ギャラリー|リメンバー・ミー|ディズニー公式より

 

あれこれ考えてああだこうだ悩むより、結局はやりたいことや自分の気持ちに素直に行動すること。嘘つかないこと。

 

できない言い訳をうだうだ言っているうちは、夢は絶対にかなわないし、やりたいことはやれない。

 

本気でやりたいことがあるのなら、なりふり構わず全力で突きすすむ。

 

これこそ、シンプルだけど、夢を叶えるための絶対的な成功法則だと思うよ。