自由人法帳

明るく楽しく自由気ままに生きたい自由人のブログ

【自由で身軽に生きるコツ】惰性で続けるほど無駄なものはない

f:id:miyakokara:20190110181818j:image

「続けることが大切」と言われることは多いけれど、諦めのよさは、時にすごく大切だと思う。

 

「ダメだ」と感じたらさっさと撤退するスキル、執着せず手放すスキルというか。

 

手放すことを怖がって、惰性でダラダラ続けることの方が良くない。

 

この記事では、惰性で続けることほど無駄なことはないよってことをまとめてみた。

 

もくじ

 

惰性で続けるほど無駄なことはない

たとえば、読もうと思って買った本があるとする。

 

でも、その本を読んでみたところ、面白くなくて読めないとか、読み進めることができないということはある。

 

人間関係と同じで、本にも相性があると私は思う。

 

こんなとき1番無駄なこと、それは「ダラダラと読み続けること」。

 

ダラダラと惰性で読み続けていることって本当に無駄。

 

なぜなら、嫌々読んでいるわけだから、結局はなにも頭に残らない。その時間自体が無駄になってしまう。

 

本を読むために時間を費やしたのに、結果残るものは、「嫌々読んでいる」というモヤモヤした感情だけ。

 

それなら、その本は「合わなかったんだな」とスパッと諦めてほかの本を読んだ方がいいと私は思う。

 

合わない本・読めない本は全部読む必要はないよ▼

【本を読む時間がないという人へ】本は完璧に読まなくて良い - 自由人法帳

 

ほかの例として、人間関係もそう。

 

たとえば恋愛。だらだらとDVや浮気を繰り返す相手に縋ってしまう人もいる。

 

「いつかは変わってくれるかもしれない」とか「彼にも優しいところはある」とか言ってね。

 

ただ、「いつか」なんてものはまぁ訪れることはないし、「優しいところもある」と同じレベルで、「暴力を振るうところもある」「理性で性欲を抑えられないところもある」ということを忘れてはいけない。

 

ダメな相手にだらだらと縋ってしまうのは本当に時間の無駄で、自分が消耗してしまうだけ。

 

私は、結婚してから相手がDVモラハラ男だと分かって即離婚したんだけど、今では判断が早くて良かったと思ってるよ。

 

そのまま一緒にいたら、間違いなくズルズルと離れられなくなっていたからね。

 

離婚についてお悩みの人はこちらもぜひ読んでみて▼

 

「ダメだ」と感じたら即撤退

なんでもそうだけど、「ダメだ」と思ったときは、即撤退することって大切。

 

株の世界にも「損切り」という言葉があるんだけど、「ダメだ」と感じたときにパッと手放せるか否かで、その後の損失が変わる。

 

ガンは早く取らないと全身に転移するよね。カビたみかんは早く取り除かないと、箱の中の他のみかんまでカビてしまう。

 

さっきの本の例なら、影響としては、時間の浪費やモヤモヤとした気持ち。苦手な本を無理して読んだ結果、「本を読むこと」すらおっくうになってしまうかもしれない。

 

さらに恋愛の例ではよくわかると思う。

 

「別れる」という判断ができずに、いつまでもダメな相手とだらだらとダメな関係を続けてしまうことはすごく危ない。

 

DVなら物理的に危ないし、DVも浮気も、体以上に心が傷つく。

 

なにより、ダメな相手と付き合い続けることで、「自分はダメな相手にふさわしい」と思い込むようになる。

 

自尊心が、圧倒的に低くなってしまうの。

 

だからダメな相手とは、さっさと離れた方がいい。

 

あなたが見捨てようが縋ろうが、ダメな相手がダメなのは、その人自身の問題であり課題。

 

心理学では「課題の分離」という。

 

詳しく知りたい人はこちらの本をぜひ読んでみて▼

 ちなみにこれは、恋愛だけじゃなく、毒親や毒友達に対しても同じ。人の課題を背負い込まないこと。

 

チャレンジしないのはもっとダメ

また、仮にダメだったとしても、結果がたまたま「ダメだった」だけ。

 

チャレンジしてみないと、ダメかどうかさえ分からない。

 

人間関係で言えば、

  • 裏切られるんじゃないだろうか
  • 離れていかれたらどうしよう
  • 傷つけられたらどうしよう

 

全て、その人との人間関係を築いてみなくちゃわからない。

 

結果的に、「ダメだった」としても、最初から警戒心マックスで近寄らないのは、良い人間関係さえ築けなくなってしまう。

 

また、なにか新しいことにチャレンジするときも、

  • 失敗するんじゃないだろうか
  • どうせできない
  • もっと用意ができてから

となかなか飛び込めない人は多い。

 

私もかつてはそうだった。色々と考えすぎて動けなくなるの。

 

でも、それって1番もったいないこと。

 

うだうだ言っている間に、あらゆるチャンスはなくなる。

 

「チャンスの神様は前髪しかない」という言葉があるんだけど、まさにその通りで、チャンスはいつまでもそこにはない。

 

また、自分の良い時にチャンスがやってくるとは限らない。

 

チャンスがやってきても、それを自分で掴まなければ自分のものにはならないのだ。

 

だから、失敗を恐れずに飛び込むこと。

 

私も、時には痛い目をしながら、いろんなチャンスに積極的に飛び込んでいっているよ。

 

「ダメだった」と分かるのも、挑戦したからこそやしね。挑戦しなければ、「ダメかどうか」さえも分からない。

 

飛び込むようになってから、人生はすごく面白くなったよ。

 

まとめ

人生いろんなことに飛び込めばいいし、ダメだと思えば撤退すればいい。

 

  • 怖がらずに飛び込むこと
  • ダメな時は潔く撤退すること

この2つさえしっかりしておけば、そうそう取り返しのつかないことにはならない。

 

実際、心配事の9割は起こらないと言われている。

 

怖がりすぎてしまうという人、ダメな状況でもしがみついてしまうという人は、ぜひ参考にしてみてね。

 

生きるのがかラクになると共に、生きるのがもっと楽しくなるよ♪