自由人法帳

自由気ままに楽しく生きたい自由人のブログ

【自由に楽しく生きるコツ】「真剣」に生きても「深刻」にならない。

f:id:miyakokara:20190119153109j:image

 

自由に楽しく生きるコツ、それは真剣になっても深刻にはならないことだと私は思っている。

 

真剣に生きているつもりが、いつのまにか深刻になってしまっている人は多い。

 

真面目な人ほど、いつのまにか「深刻」になってしまっているように感じる。

 

この記事では、自由に楽しく生きるためには大切な、真剣と深刻の違いについて。

 

もくじ

 

真剣とは

真剣とは、物事に本気で取り組むこと。

 

何かしたいことがあったとき、斜めに構えるんじゃなくて、本気でそのことに取り組むさま。

 

ちなみにコトバンクではこう書かれている▼

まじめに物事に対するさま。本気で物事に取り組むさま。

 

深刻とは

深刻とは、物事に真剣になるあまり、深く悩んでしまったり、重く受け止めてしまったりすること。

 

コトバンクではこんな感じ▼

事態が容易ならないところまできていること。

容易ならない事態と受けとめて、深く思いわずらうこと。

考え・表現などが深いところにまで達していて重々しいこと。

 

真剣になると人生は楽しい

f:id:miyakokara:20190119153131j:image

 

物事に対して真剣にならずに、斜めに構えれば、たしかに傷つことや痛い思いをすることは少なくなる。

 

だけど、人生が味気ないものになってしまうし、窮屈なものになってしまう。

 

周囲の意見に左右されたり、「もういい年だから」と年齢や環境を理由にしたり。

 

人生を楽しいものにするために必要なのは真剣さ。

 

もっと楽しいことに貪欲に、自分の望みに貪欲に。

 

  • 私はこれがやりたいんだ!
  • こういうことをしたいんだ!
  • これが好きなんだ!

 

こういったことにはどんどん貪欲になっていい。もっと自分の望みに素直になっていいし、「笑われるかも」なんて気にせず、飛び込んでみればいい。

 

私も、全力で遊ぶし、全力で人生を楽しんでいるよ。ちなみに、「本気で遊ぶ」をコンセプトにしたこんなイベント部も立ち上げてみたりね(笑)

 

そこにはいつだって真剣さがある。

 

時に痛い思いをすることもあるけれど、真剣に生きるようになってから、人生はすごく楽しいものになったよ。

 

深刻になると人生は苦しい

f:id:miyakokara:20190119153157p:image

 

真面目な人ほどやってしまいがちなのが、「真剣」ではなく、いつのまにか「深刻」になってしまっていること。

 

物事を重苦しくとらえてしまい、自ら身動きが取れない状況へと追い込んでしまう。

 

  • こんなことをしてしまった、もうダメだ。
  • どうせ私/俺なんて…
  • 彼はもう私のこと好きじゃないのかな…

 

などなど。

 

自らどんどん墓穴を掘ってしまって、悩みを生み出してしまう。これが行きすぎると、心や体の病気にもなってしまう。

 

かつての私はいろんなことを深刻に考えていたし、その結果沢山の病気も経験している。(くわしくはこちら

 

深刻に考える癖は、本当にやめたほうがいい。自分で自分の首を絞めてしまう。

 

真剣になっても深刻にはなるな

真剣にはなっても深刻になるのはやめよう。

 

でないと、自分で自分の人生を苦しいものにしてしまう。

 

私個人のこととしては、私は虐待サバイバーで、児童虐待防止については関心がある。

 

だけど「深刻」にはならないように心がけているし、児童虐待関連の暗いニュースなどは、最近では見ないようにしている。

 

どうしても影響を受けて、「深刻」になってしまうからだ。

 

 

真剣には取り組んでも、深刻にはならない。

 

自由で楽しく生きていくためには、必要不可欠な考え方!