自由人法帳

自由気ままに楽しく生きたい自由人のブログ

人付き合いが下手な人は自分の価値観で人に喧嘩を売る

f:id:miyakokara:20190206163243j:image

人付き合いが下手な人は、なぜ人付き合いが下手なのか。

 

失礼ながら、人付き合いが下手な人や、何かと嫌われている人を観察すると、自分の価値観で人に喧嘩を売る人がほんとーに多い。

 

意識的か無意識的かはその人によって違うけど(マウンティングタイプや親切の押し売りタイプなど)、人に自分の価値観を押し付けたり、自分と違う価値観を否定したりする人が多い。

 

もくじ

 

自分にも価値観があるように相手にも価値観がある

f:id:miyakokara:20190206163305j:image

 

人は、みんなそれぞれ価値観を持っている。

 

人に自分の価値観を否定されたとき、人は嫌な気持ちになる。

 

だけど、自分の価値観を否定されることには敏感なのに、人の価値観を否定してしまう人は多い。

 

たとえ相手があなたとは違う価値観を持っていたとしても、あなたが間違っているわけではない。また同時に、相手が間違っているわけでもない。

 

それは単に「違い」なだけ。

 

犬好きな人と猫好きな人、それは単に違いなだけでしょ?どっちが上とか下とかないし、単なる好みの違いでしかない。

 

あなたに譲れない価値観があるのと同じく、相手にも大切にしたい違う価値観があるのだ。

 

関連記事

【正しさで戦うことが無意味な理由】意見や方法には必ず逆のものがある。だからどれも正しいし、自分の選びたいものを選べばいい - 自由人法帳

【他人の意見の扱い方】「そんな考え方もあるのね」と「この人はそう思うのね」 - 自由人法帳

 

押し付ける人から人は離れる

f:id:miyakokara:20190206163329j:image

 

私は意見を押しつけてくる人が苦手。すごく苦手。自己紹介で書くくらいに苦手。もうね、気づけばマッハのごとく逃げてる(笑)

 

意見を押しつける人から、人は逃げる。

 

なぜかというと、「意見を押しつける」ということは、「その人をコントロールしようとしている」ということだから。

 

「これにしなさい!」

「これが絶対いいって!」

「いいからいいから!」

こんな風に押し付けてくる人、いるよね。

 

ただこれは、本人でさえ無意識なこともある。

 

いくら親切のつもりでも、上に書いたようなことを言ってしまう人は要注意。それ、嫌がられている可能性大やよ。

 

相手が望んでいないことを押しつけるのは、好意であっても親切ではなくおせっかい。

 

受け取るかどうかは相手が決めること。断られた場合はすぐ引こう。

 

関連記事:【人にものを勧める時のコツ】人にものをすすめるときは、「よかったらどうぞ」と「こんなんあるよ」 - 自由人法帳

 

コントロールしようとしてくる人とは付き合いたくないよね。自分には自分の価値観や考えがあるわけだから。

 

意見を押しつける人には、やんわりと言っても押し切ってくる人も多い。

 

そうなるともうね、逃げるしか無くなるよね。

 

言って分からない相手から人は逃げるし離れる。

 

人付き合いやコミュニケーションは勝ち負けじゃない

f:id:miyakokara:20190206163414j:image

 

私の毒親や、DVモラハラ男だった元夫も、自分の価値観を人に押しつける人だった。

 

そしてどちらも、友達と呼べるような人はほとんどいなかった。

 

特に元夫は、「俺は昔から誤解される」「なぜか人が離れていく」と言っていたけど、「そらそーだ」と今では思う(笑)

 

自分の価値観を拒絶されることにはすごく敏感なくせに、人の価値観を簡単に拒絶するわけだから。

 

何かにつけて人の領域に踏み込み、自分の思うように動かそうとする。

 

そら、相手からしたら嫌だよね。

 

ちなみに口癖は「俺が正しい」「お前はバカだ」「嫌なら出て行け」(書き出してみるとすっごいな 笑笑)

 

こういう人たちにとっての人付き合いやコミュニケーションは、「違い」じゃなくて常に「勝ち負け」。

 

実は自信がなく、反対に自尊心やプライドだけはものすごく高いので、相手を打ち負かさないと気が済まない。

 

なぜか昔から嫌われがちだという人は、価値観を押し付けていないか振り返ってみて

f:id:miyakokara:20190206163348j:image

 

自分の価値観を人に押し付けてしまう人の中には、自分ではそのことに気づけていない人も多い。

 

なぜか昔から人に嫌われがちだという人は、自分が人の価値観を否定したり、無意識のうちに自分の価値観で喧嘩を売っていないかを振り返ってみて。

 

逆に言えば、違いを違いとして認められる人は少ないからこそ、これができれば一目置かれるようになるよ♪