自由人法帳

自由気ままに楽しく生きたい自由人のブログ

カワウソカフェ「LOUTRE」でカワウソにスカートの中に入られるという貴重体験をした

f:id:miyakokara:20190328000008j:image

 

カワウソ、それは志●動物園などで有名な、なんともおちゃめで愛くるしい生き物である。

 

そんな愛くるしいカワウソに触れ合えるカフェがあるときき、カワウソカフェ「LOUTRE」に行ってきた!

 

【もくじ】

 

お店情報

カワウソカフェ「LOUTRE」の情報がこちら♪

 

所在地

京都府京都市中京区寺町通り六角下る式部町259-1 舟木ビル2F

 

電話

075-606-5475

 

アクセス

 

料金

平日  1時間 ¥1500

土日祝  1時間 ¥2000

1ドリンクつき(500ミリのペットボトルのドリンクが1本もらえます)

 

営業時間

12:00~20:00(最終入店19:00) 

 

お店HPとSNS

LOUTRE HP

LOUTRE twitter

LOUTRE Instaglam

 

カワウソさんたち

京都のLOUTLEにいらっしゃるカワウソさんたちは、

  • うーちゃん
  • ここあ
  • おあげ
  • ぼぶ
  • おだし
  • おつゆ

の計6匹!

 

お顔と詳細はこちらから見られるよ♪▼

カワウソ紹介 - LOUTRE

 

行く前に友人とカワウソさんたちのご尊顔を拝見してたところ、「ぼぶ」に関西人2人は同時にツッコミを入れていた。

 

うーちゃん・ここあ・おあげ・ぼぶ・おだし・おつゆ

 

…ね?完全に1人だけ外国の方がいるよね?

 

カワウソカフェはビルの中に突如現れる

 カワウソカフェ「LOUTRE」は、通りに面したビルの2階にある。

 

f:id:miyakokara:20190327234053j:image

表に看板があるから迷いはしないんだけど、エレベーターで上がったビルの2階にあるのが意外だった。

 

(普通にビルの中でカワウソって飼えるんだというちょっとしたびっくり感。まぁ志●動物園でもアパートの1室でカワウソ飼ってたもんね)

 

受付と手洗いをすませ、いざカワウソの世界へ!

 お店のドアを入ると、目に飛び込んでくるのがペット用脱走防止ゲート。

 

こういうやつ▼

 

の、奥でニョロニョロピョコタンピョコタンと跳ねまくっているカワウソさんたち。

 

私・友人「カワウソってこんな感じなんや」

 とここでも声がハモる(笑)

 

支払いと手洗いを済ませ、ワンドリンクのペットボトルをそれぞれもらって、いざゲートの中へ!

 

ちなみにお部屋に出ているカワウソさんたちとはふれあい放題。

 

f:id:miyakokara:20190327234326j:image
f:id:miyakokara:20190327234332j:image
f:id:miyakokara:20190327234343j:image

抱っこは禁止だけど、基本的には自由に触れ合えるし、エサもあげることができるよ。(ちなみにエサはキャットフードらしい!)

 

ガラスの向こうにいるのは休憩組(カワウソの世界も交代勤務)

f:id:miyakokara:20190327235307j:image

 

初めて触ったカワウソの手は、あったかくてやわらかくて、不思議な感触だった。

 

爪が痛いかと思っていたんだけど、むしろほとんど爪の感触はなくて、なめらかであたたかかった。

 

質感でいうと、赤ちゃんの手をもっと細く小さくした感じのやわらかさ。


f:id:miyakokara:20190327234730j:image

お水もあげられる。

 

一心不乱に吸いついてくるので目がガチ

f:id:miyakokara:20190327234716j:image

 

ロンスカは入られます

 この日私はロンスカを履いていったんだけど、もうね、入られる入られる。

 

カワウソは穴の中や暗いところが好きで、とっても好奇心旺盛。だからもう入られる入られる。

 

生まれてから今日まで、これほどまでにスカートの中に入られるということはなかったし、カワウソに足の上を這いまわれるという経験はなかった。

 

生まれて初めての経験である。

 

カワウソに足の上を這いまわれるという貴重体験をしたい人は、ぜひロンスカを履いていくべし!(笑)

 

靴紐は狙われます

 上でも書いたけど、カワウソはとっても好奇心旺盛。

 

だから靴紐は狙われます。

 

友人はおもいっきり靴紐を狙われ、かじられ、引っ張られていた(私の靴には紐がなかったので無事)

 

ただカワウソの愛くるしさだろうか、「やめろー」と言いながらも少しうれしそうにも見えたのはここだけの話である(彼女も動物好き。お店を出る頃には「カワウソカイタイ」と繰り返していた)

 

カバンの紐も狙われます

 はいこれは私です。

 

かばん、見事にかじられました(笑)

 

ブランド興味なし・身軽さ&動きやすさこそ正義という考えなので全く問題なかったんだけど、もしブランドやファッション好きな人なら注意。

 

あなたのかばん、狙われていますよ(違う意味で)

 

f:id:miyakokara:20190327234510j:image

スマホを狙うところを現行犯(同一犯による犯行)

 

気がつけば近くにいます

 カワウソはすごく動き回る。部屋の中を走り回り・転げまくり・プロレスしまくりである。

 

んで、姿を見失って「あれ?どこいった?」と探せば後ろにいたりする。

f:id:miyakokara:20190327235022j:image

なんだこのかわゆさは

 

後ろの水槽で泳いでたり

f:id:miyakokara:20190327235130j:image

 

こんな感じで埋もれてたりもする

f:id:miyakokara:20190327235102j:image

 

出川もびっくりのリアクション芸

f:id:miyakokara:20190327235421j:image

 

もうね、とことんアグレッシブな生き物だった。

 

カワウソ イズ アグレッシブルニョロニョロアニマル。

 

カワウソ、それはニョロニョロした不思議でキュートな生き物だった

 カワウソという生き物と初めて触れ合って感じた感想は、「犬と猫を足して2で割ったようなニョロニョロした生き物」である。

 

プロレスとかじゃれ方や細長さは猫に似ている。で、寂しがりで後追いするのとかは犬に似ている。

 

お姉さんが動くたびに、うしろをちょろちょろとついていって行っていた。(で、ドアの前で鳴いていた)

 

後で書くけど、カワウソはお留守番ができないさみしがりやさんなんだそうな。

 

カワウソカフェのお姉さんはさらに不思議で素敵な人だった

ちなみにこのカワウソカフェ「LOUTRE]にいるカワウソさんたちは、お店のお姉さんのカワウソさんたちである。

 

カワウソは寂しがりでお留守番ができない→1匹増やす→まだお留守番できない→増やす→繰り返しでいつの間にか4匹に→それでもお留守番できない→もうこれを仕事にしちゃえ→カワウソカフェ「LOUTRE]誕生

 

とのこと。

 

ちなみにカワウソのお値段1匹60万円くらい。

 

ふわふわっとしたかわいらしいお姉さんだったから、もうほんとギャップがすごい。これぞギャップ萌え。お姉さんのかっこよさと器の大きさに危うく惚れるところだ。

 

好きなことを仕事にする人っているけれど、このおねえさんはまさにそれだなと思った。

 

そんなこんなでカワウソにまみれているうちにあっという間に1時間が経過。大満足でお店を後にした。

 

f:id:miyakokara:20190327234128j:image

お店を出る時は手洗いを忘れずにね♪