自由人法帳

縛られず囚われず楽しく生きたい自由人のブログ

九州放浪記 6日目

f:id:miyakokara:20190506184534j:image

 

九州放浪6日目。

 

この日は昨晩干した洗濯物が乾ききっていなかったため、ランドリーからのスタートである。

 

「ランドリーひまわり」にて、乾ききらなかった衣類を乾燥機にかける。

f:id:miyakokara:20190506184606j:image

 

その間に、周辺情報や交通網を調べる。

 

前日吉野ヶ里遺跡に行った際こんなイベントポスターを発見していた。

f:id:miyakokara:20190506185052j:image

 

というわけで、この日の第一目的はジブリの大博覧会に決まった。

 

ジブリ展の後は、1日目に散策しきれなかった福岡市内を散策してきたよ。

 

【もくじ】

 

【九州放浪記バックナンバーはこちら】

 

驚異の120分待ち!ジブリ人気に圧倒される

ジブリ展の開催場所は福岡市博物館

 

博物館の開館時間は9:30なので、開館時間に合わせて行ってみたところ…

 

f:id:miyakokara:20190506185230j:image

あれ?遠くからでも大量の人が確認できるぞ?(嫌な予感)

 

 

 

チケットを買うだけで1時間。そこからまた列に並び、展示室に入るまでで1時間かかった。

 

(ただ、最初はさらに2時間待ちだと聞いていたので、予定時間より早くなった。たぶん、2時間待ちと聞いてやめた人が続出したんだろうね。)

 

もはやディズ●ーランドのアトラクション並みである。

 

いやージブリ人気舐めてたわー。

 

館内に入ってからもこのありさまである

f:id:miyakokara:20190506185933j:image

 

ずーっと飛んでる船を眺めてたよw

 

これから見に行く人は、前売り券をインターネットで買ってから行くことをオススメする。チケットはローソンで買えるみたいなので、気になる人は調べてみてね。

 

展示室内は一ヶ所をのぞいて撮影禁止だから、その様子を伝えられないのが残念だけど、展示内容は本当に素晴らしい。

 

特に印象に残っているのが、ナウシカ王蟲の世界。

 

王蟲をはじめ、アスベルを襲ったヘビケラやミノネズミなどの、巨大な虫たちがほんとに目の前に再現されている。

f:id:miyakokara:20190506200231p:plain

▲ヘビケラ

 

▲ミノネズミ

写真は、風の谷のナウシカ:虫図鑑 | ジブリ博物館より

 

展示物に触ることはできないけど、迫力がほんとすごいので、ぜひ自分の目で見てみてほしい。

 

福岡市博物館でのジブリの大博覧会は6/23まで。

料金は、大人1400円、中高生1000円、小学生以下600円だよ。

 

かろうじて撮れた写真を添えて▲

 

ジブリの大博覧会 WEBサイト

 

展望だけじゃなく面白要素満載!福岡タワー

ジブリの大博覧会を見た後は、福岡市のランドマーク・福岡タワーにのぼることにした。

f:id:miyakokara:20190506191928j:image

 

博物館を出てすぐの道をまっすぐ北上すれば、福岡タワーが見えてくる。

f:id:miyakokara:20190506190700j:image

 

この道はサザエさん通りと言い、

 

サザエさんの旗や、

f:id:miyakokara:20190506190744j:image

 

サザエさんシルエットの像がある。
f:id:miyakokara:20190506190733j:image

 

福岡タワーに入ると…

 

福岡タワーのキャラクター「フータ」がいた。

f:id:miyakokara:20190506190908j:image

 

子供と戯れるフータ。
f:id:miyakokara:20190506190916j:image

 

ちなみにこのフータ、しゃがんでちっちゃくなって歩いたりもする。

 

いきなり「ガタンッ!」という音がしたので音の方を見ると、足をタワーの中に収納して足がなくなった状態のフータが歩いていた。

 

(見方によってはホラーである。子供引いてた(笑))

 

展望券は大人800円、小・中学生500円、4歳以上200円。

f:id:miyakokara:20190506191029j:image

 

ちなみにジブリ展の半券を見せれば割引が効くので、タワーも上るなら捨てずに持って行こう(私は半券を捨ててしまったので通常料金になっちゃったよー泣)

 

この日は令和記念で、写真撮影のサービスがあったんだけど、私は写真を保管しておくのが嫌なので(物が増える)丁重にお断りさせていただいた(笑)

 

エレベーター下から見上げた景色がこちら。

f:id:miyakokara:20190506191124j:image

空からの光が入って、キラキラとすごく綺麗だった。

 

福岡タワーの全長は234メートル。海浜タワーとしては日本一の高さだそうだ。

 

地上123メートルの高さの展望室から見た景色がこちら。

f:id:miyakokara:20190506191214j:image
f:id:miyakokara:20190506191155j:image
f:id:miyakokara:20190506191207j:image
f:id:miyakokara:20190506191202j:image

福岡の市街地はもちろん、海岸線も見渡すことができる。

 

福岡タワーは恋人の聖地でもあり、

f:id:miyakokara:20190506191318j:image

「愛鍵」を使ったこんなスポットもある。

 

愛鍵を購入し、誓いを書き込み、フェンスにロックするというもの。

f:id:miyakokara:20190506191445j:image
f:id:miyakokara:20190506191438j:image
f:id:miyakokara:20190506191430j:image

プロアクテ●ブもびっくりの簡単3ステップ

 

 

「新婚さんいらっしゃい」で出てきそうな(笑)こんな撮影スポットもあるので、パートナーがいる人は、ぜひ一緒に行ってみてはいかがだろうか。

f:id:miyakokara:20190506191524j:image

 

(個人的には、恋人の聖地よりも、巨大な天空ガチャのほうが気になったんだけどね)

f:id:miyakokara:20190506191651j:image

 

大きさといい「天空ガチャ」というネーミングといい、もはや好奇心が止まらんよね 笑笑

 

ちなみに天空ガチャの中身はこちら

f:id:miyakokara:20190506191718j:image

あれ?意外と大したことな…

 

このほか、開運おみくじやピンボールなんかもあった。

f:id:miyakokara:20190506191807j:image
f:id:miyakokara:20190506191801j:image

 

福岡タワーWEBサイト

 

天気が良ければ最高に気持ちいい!シーサイドももち海浜公園

タワーから下りた後は、展望室から見えていたシーサイドももち海浜公園に行ってみた。

 

f:id:miyakokara:20190506191850j:image

なぜか名前は「福岡市海浜公園」どっちやねん。

 

階段を上がると川があり、GWでテンションの上がった子供達が川を飛び越えて遊んでいた。

f:id:miyakokara:20190506192008j:image

 

周りには、

f:id:miyakokara:20190506192112j:image

ピラミッド、

 

f:id:miyakokara:20190506192056j:image

吹き出す噴水、


f:id:miyakokara:20190506192120j:image

遺跡のようなモニュメント、


f:id:miyakokara:20190506192104j:image

サザエさん一家の姿があった。

 

さらに進むと、お店やホテルのある通りにたどり着く。

f:id:miyakokara:20190506192324j:image

 

ホテルはリゾート感溢れるデザインだ。f:id:miyakokara:20190506192354j:image

 

せっかくなので海岸沿いを歩いてみた。

f:id:miyakokara:20190506192557j:image
f:id:miyakokara:20190506192603j:image
f:id:miyakokara:20190506192549j:image

 

浜辺には木製の足場が組まれているので、歩くだけなら砂だらけになる心配もナッシング。

f:id:miyakokara:20190506192643j:image

 

浜辺はけっこう綺麗で、シーズン中はきっと人でごった返すことだと思う。

 

天気が良ければ歩くだけでも気持ちいい♪

 

浜辺付近には海の家のような面白いお店が結構あって、

 

f:id:miyakokara:20190506192725j:image

ココナッツジュースのお店や、


f:id:miyakokara:20190506192734j:image

クマとウシがやさぐれているお店があった。

 

f:id:miyakokara:20190506192933j:image

いったい何があったのか…。

 

f:id:miyakokara:20190506192939j:image

とても悲しい目をしている…。

 

シーサイドももち海浜公園 webサイト

 

ラーメン激戦区にて、元祖長浜ラーメンを食べる!

歩き回ってお腹が空いたので、ご当地ラーメン・長浜ラーメンを食べに行くことにした。

 

福岡のラーメンといえば、博多ラーメンや久留米ラーメンが有名だけど、長浜ラーメンも、ラーメン好きの間では人気が高いらしい。

 

私はそもそもそこまでラーメンが好きなわけではないんだけど(えっ)長浜ラーメンは初めて聞いたので食べてみたいと思った。

 

むかったお店は、長浜ナンバーワン長浜店。

f:id:miyakokara:20190506193148j:image

 

前述した通り、私はそこまでラーメンが好きというわけでもなく、博多・久留米は聞いたことがあっても長浜ラーメンは初耳だった。

 

なので、移動中に調べた情報と、お店外観に書かれている説明で長浜ラーメンについてお勉強させていただく。

 

博多ラーメンの中でも、あっさりとしたスープに細麺が特徴のラーメンです。

長浜ラーメンとはもともと、魚市場で働く人々に食されていたものでした。そのため次のようなスタイルが出来上がったとされています。

  • 魚の競りの合間に食べられる、素早くゆでられる極細麺
  • 麺だけの追加注文の替え玉ができる
  • 味の濃いスープ(当時)

長浜ラーメンの特徴 | とくなび福岡

 

f:id:miyakokara:20190506193230j:image
f:id:miyakokara:20190506193241j:image

極細麺・替え玉・豚骨スープが特徴とのこと。また最近では博多ラーメンとの明確な区分はなくなりつつあるそうだ。

 

概要が頭に入ったら、店内に入り、ずんずんとカウンターへと向かう。

 

メニューはけっこう豊富で、もやしラーメンか煮卵ラーメンかで迷った。

f:id:miyakokara:20190506193346j:image

 

あっさりが好きなのでしょうゆラーメンにしてやろうかという誘惑に打ち勝ち、煮卵ラーメンを注文。

 

外国人の笑顔の素敵なお姉さんが、ニコニコしながら注文を聞いてくれた。

 

麺の硬さも選べるらしく、聞かれたので「硬めで」とお願いした。

 

ちなみに脂の量も選べるそうだ。脂・麺の硬さの呼び方は以下の通り▼ 

麺の硬さ・・・ヤワ・カタ・ナマ/カキアゲ
脂の量・・・ナシ・ベタ

長浜ラーメンの特徴 | とくなび福岡

 

5分ほどで煮卵ラーメン到着。

f:id:miyakokara:20190506193428j:image

 

on the 紅ショウガ。

f:id:miyakokara:20190506193503j:image

 

テーブルには紅ショウガが置かれたボトルがあって、自由に入れていいみたいだ。

 

豚骨ラーメンなので、けっこうしつこいかな?と思っていたんだけど、細麺だからかそれほどクドく感じず、ツルツルっと食べることができた。

 

紅ショウガのアクセントも良かったのかもしれない。

 

ラーメンは、お得なご飯とのセットや、替え玉・替え肉もできるみたいなので、食いしん坊さんも安心である♪

 

ちなみに付近はラーメン激戦区らしく、

f:id:miyakokara:20190506193621j:image

向かいも、

f:id:miyakokara:20190506193655j:image

 隣も、

f:id:miyakokara:20190506193711j:image

 その隣もラーメン屋さんだった。

 

(さらに付近にも何店舗かあったよ)

 

長浜ナンバーワン 長浜店 webサイト(はなかったので食べログのページ)

 

デザートには、フォルムがかわいい大名ソフトを

ごはんの後はデザートである。

 

ソフトクリーム好きが、九州放浪初日から気になっていたお店・大名ソフトクリームへ。

f:id:miyakokara:20190506194003j:image

 

地図を頼りに歩いていたんだけど、お店の周りは遠目からもわかる人だかりだった。GWだから余計に混んでいたのかもしれない。

 

小さな店内にはいくつかのテーブル席もあったので、空いてる時なら座って食べることも可能。

 

メニューはこちら

f:id:miyakokara:20190506194034j:image

アールグレイかミックスかで、自分の番が来るまで死ぬほど迷った。

 

選ばれたのは、綾鷹ミックスでした。

f:id:miyakokara:20190506194059j:image

まるっこいフォルムで可愛らしい。

 

硬めのクリームを想像していたんだけど、想像とは真逆で、味は濃くて滑らかな感触だった。

 

あと印象的だったのが、コーンがパリパリだったこと。

 

私はソフトクリームのコーンが嫌いなんだけど(なんか触感が苦手で美味しいと思えない)このコーンはきちんと最後まで食べることができた。

 

福岡の市街地で、1人ソフトクリームを嬉しそうに食べながら歩き回っていた女を見かけたなら、多分それは私である。

 

ほんと濃厚で滑らかで美味しかったよ。

 

大名ソフトクリーム webサイト

 

令和記念の千年夜市に遭遇

歩き回っていると、橋の上に何やら人だかりと交通整理をしているお巡りさんがいた。

 

近づいてみると、「令春橋宴祭×千年夜市」の文字が。

f:id:miyakokara:20190506194228j:image

 

千年夜市とは、福岡県博多市にあるキャナルシティ博多のそばで行われるナイトマーケットで、夏の風物詩的存在のイベントらしい。

 

よっぽど嬉しかったのか、川にはボートで爆走する若者も。

f:id:miyakokara:20190506194301j:image

 

お店もたくさん出ていたよ。

f:id:miyakokara:20190506194338j:image

 

ただ、ラーメン×ソフトクリームで満腹な私には、この臭いはなかなかの試練だった。

 

満腹の時に嗅ぐ肉のにおいって吐きそうになるんだね♪初めて知ったよ★

 

令春橋宴祭×千年夜市in春吉橋 – 千年夜市

 

キャナルシティ博多を散策

肉の匂いから逃れるように、キャナルシティ博多へとたどり着いた。

f:id:miyakokara:20190506194425j:image

 

付近にはなぜか巨大なブルガリア
f:id:miyakokara:20190506194433j:image

 

キャナルシティ博多は、お店の数も豊富でショッピングも楽しめる。お土産物がかなり豊富だった。

 

また、内装がすごく綺麗だった。

f:id:miyakokara:20190506194515j:image
f:id:miyakokara:20190506194526j:image
f:id:miyakokara:20190506194520j:image

 

水と緑にあふれたショッピングセンターっていいね♪

 

キャナルシティ博多webサイト

 

サイバック博多駅前店にて最後の夜を過ごす

f:id:miyakokara:20190506194651j:image

九州放浪最後の夜は、前日泊まったサイバック博多駅前店を宿にした。

 

(面白いことに、ブースまで前日と同じ部屋だった)

 

入会特典なのか、クーポンをもらっていたのでありがたく使わせてもらうことに。

 

サイバック博多店は、ブースの移動が自由でカラオケも利用できるので、最後の夜は24時間パックでゆっくりさせてもらうことにした。

 

 

1週間全力で歩きまくったけど、ほんとあっという間だったなーと、記事を書きながらしみじみ思った。

 

ちなみに九州には、福岡の博多・久留米・長浜以外にもいろんなラーメンがあるらしく、こんな食べ比べセットも発見!1食200円でご当地ラーメンを食べ比べられるみたいなので、ラーメン好きな人はぜひためしてみてね♪(んで感想教えて♪)