自由人法帳

縛られず囚われず楽しく生きたい自由人のブログ

リュック1つで放浪可能!持ち物を減らすコツ

f:id:miyakokara:20190523145106j:image

 

こちらの記事で、リュックひとつで放浪するために必要な考え方について書いたので、少し切り口を変えて、今度は持ち物を減らすコツを記事にしてみたよ。

 

【もくじ】

 

それは本当に必要なものか考える

f:id:miyakokara:20190523145123j:image

 

荷物が多い人に共通してるのが、必要な気がして鞄に詰め込んでしまうということ。

 

それ、本当にいる?

 

なんとなく、必要な気がして入れているなんてことはない?

 

よーく見直してみると、本当に必要なものってそんなに多くないよ。

 

基本、「無くてもなんとかなる」ものが大半

f:id:miyakokara:20190523145143j:image

 

私はリュックひとつで放浪するし、過去にはキャリーケースひとつで離婚したり、リゾバに行ったり、電車で引っ越したりもしていた(笑)

 

そんな私だからこそ、断言するね。

 

ほとんどのものは、なくてもなんとかなる。

 

今私が必要なものといえば、

  • ノートパソコン
  • スマホ
  • 衣服3日分
  • ちょっとした日用品

くらいかな。

 

これらだって、もしなくなったり壊れたりしたら躊躇なく新しいものに買い換える。

 

また、使いにくいと感じたら使いやすいものを探す。物のためにストレスを溜めたくはないからね。

 

こちらの記事でも書いたけど、無いなら無いでなんとかなるし、なんとかしようとしだすのが人間のすごさだ。

 

必要になったら買う

f:id:miyakokara:20190523145200j:image

 

上でも書いた通り、いるかもしれないから持っていくをすると荷物が多くなる。

 

そうではなくて、必要になったら買う。

 

これこそ、身軽に放浪するためには欠かせないこと。

 

国内放浪なら、100円ショップ・スーパー・コンビニ・ドラッグストア・ホームセンターに行けば、必要なものの大半は手に入る。

 

私も放浪中に履いていた靴がずぶ濡れになったり、靴下が穴が空いたりしたけど、リサイクルショップと100円ショップで調達することができた。

 

もしものために大量のものを持っていくんじゃなくて、もしものときに遭遇したらその都度対応すればよし♪

 

身軽にしておいたほうが、いざという時にも動きやすいよ。

 

いらないものは手放す

f:id:miyakokara:20190523145301p:image

 

放浪には、あらかじめ、寿命なものや使い切れそうなものを持っていくのがおすすめ。

 

んで、使い切ったりいらなくなったら潔く手放す。

 

また使っているものでも、邪魔だな・いらないなと感じたら、放浪中でも私は手放してしまう。

 

邪魔だ・いらないと感じた時点で、そのアイテムはお役御免なのだ。

 

我慢して持ち続けること=ものを大切にすることだと考える人は多いけど、それって本当にものを大切にできているとは言えないんじゃないだろうかと私は思う。

 

なぜなら、ものは使ってこそ価値があるからだ。

 

いらない・邪魔だと感じるなら、それは今のあなたの状況に合っていないものなので、潔く手放すべし。

 

放浪中にもものは減らしたほうがフットワークが軽くなる。

 

まとめ 「いるかもしれない」はほぼ幻想

f:id:miyakokara:20190523145337p:image

 

私も子供の頃にお金で苦労した経験があるので、「いるかもしれない」と物が捨てられない時期があった。

 

だけど、「いるかもしれない」は、ほぼ自分の中の不安が生み出した幻想だということがわかった。

 

むしろ、「いるかもしれない」と、ものを溜め込んでフットワークが重くなるほうが、ストレスも溜まるし動けないしで悪循環だということがわかったよ。

 

持ち物を捨てられないという人は、1度リュックひとつで放浪してみてもいいかもしれないね。

 

本当に必要なものがわかるし、回数を重ねるほど荷物も少なくなるよ♪

 

関連記事

九州放浪記

リュック1つで放浪するために必要な考え方

リュック1つで放浪した全持ち物

バックパッカー式洗濯術