自由人法帳

縛られず囚われず楽しく生きたい自由人のブログ

移動が多い人必見!材料2つでできる旅人カーテン作ってみた

f:id:miyakokara:20190524144537j:image

 

私は子供のころからいろんな場所を転々としている。引っ越しの回数が重なるにつれ、持ち物の数がどんどん少なくなっていく。

 

で、もう長いこと持っていなかったものの1つにカーテンがある。

 

カーテンって地味にかさばるし、部屋によって窓の大きさも違うから、以前使っていたものを持って行っても新居では合わないこともある。

 

また、地味に結構いいお値段がするので、そのたびに買いなおすというわけにもいかないしね。そんなこんなで、いつのころからか持たなくなってしまっていた。

 

今のおうちはガラスがすりガラスでなおかつ外から室内の様子が見えないということもあり、カーテン離れに拍車をかけていた。

 

▼冬の寒さ対策には窓にバブルシートを貼れば、部屋が暗くならずに温かさを保てるしね。

カーテンを持たないミニマリストの冬支度!簡単にできる寒さ対策♪

 

ただ、この頃無性にカーテンの必要性を感じる出来事があった。日差しである。もうね、めちゃくちゃ熱い。「暑い」ではなく「熱い」。室内なのに、じりじりこんがりと焼かれてしまう。

 

で、カーテンほど高価ではなく、手軽にカーテン代わりになるものはないかとネットサーフィンしてみたらこちらの記事を発見↓↓↓

カーテンを持たない生活。というか、うちは「旅人カーテン」です。 - こちら、「シンプルな暮らしは幸せ」実験室

 

「ふむふむ、旅人カーテンというのか」と納得したところで、早速やってみた。

 

用意するもの

 

旅人カーテンを知ったきっかけのブログ・「こちら、『シンプルな暮らしは幸せ』実験室」さんではおしゃれな布で作られていたけど、近所には残念ながらおしゃれな布を売っているお店はなかったため、シンプルなフラットシーツを使った。

 

▼カーテンクリップとは、こういうフックにクリップが付いたやつね

少量なら100円ショップ、たくさん必要ならネットやホームセンターでの購入がコスパがいい。

 

取り付けは簡単2ステップ

 取り付け方はとっても簡単!

 

  1. シーツにクリップをとめていく。
  2. カーテンレールに吊るす。

以上‼

 

とっても簡単で、行程にするとわずか2ステップである。

 

現在の我が家の窓は窓のヘリ自体が高いタイプで、そのうえ天井まで伸びているタイプの大きなものなので、160センチに満たない身長ミニマリストな私にとっては、窓のサンの上に片足で立ち、バランスを取りながら死にそうなくらいに手を伸ばすという何の罰ゲームだろうかという事態にはなったけど。

 

脚立や踏み台がある人は、無理をせず使おう(笑)

 

ちなみにカーテンレールがないよって人は、突っ張り棒をかませばカーテンレールになるよ♪

 

▼部屋にカーテンが来て喜ぶ人の図

 

良いところ

旅人カーテンには想像以上に良いところがたくさんあった。

 

何といっても手軽!

f:id:miyakokara:20190524145510j:image

 

まず、何といっても手軽である。

 

私は今回シーツを使ったけれど、手頃なサイズの好きな布とカーテンクリップさえあればいつでもどこでも作れてしまう。

 

いちいち家具屋さんに行って、費用やサイズやデザインでうんうん唸らなくていいので、「カーテンが欲しい!」と思ったらすぐに望みが叶ってしまう。

 

しっかりとした採寸が不要

f:id:miyakokara:20190524145527j:image

 

カーテンを買うときは、しっかりとサイズを測らないといけない。

 

適当に「これくらいやろ~」と買ってみるとサイズが全然違って超絶ブサイク、なんてことになりかねない(経験談

 

旅人カーテン方式ならしっかりとした採寸が不要。長ければ折るなり切るなりすればいいというざっくり感が私はとても好きだ。

 

カーテンほど嵩張らず、持ち運びにも便利

f:id:miyakokara:20190524145609j:image

 

カーテンには分厚いものも多く、持ち運びにはちょっとかさばる。フックをつける部分とかは折り返して縫われていたりするので、さらに分厚い。

 

シーツなら単なる1枚の布なので、そこまでかさばらず持ち運びに便利である。引っ越しが多い人は特にありがたいと思う。

 

また、カーテンは窓に吊るすために作られているので、使用用途が限られてしまう。

 

その点シーツやマルチカバーなどのシンプルで用途を選ばない布であれば、カーテンに使わなくなってもほかの用途に使うことができる。

 

洗濯が楽

f:id:miyakokara:20190524145636j:image

 

上でも書いたけどカーテンは分厚いものも多い。分厚い=洗濯が大変で乾きにくい。

 

シーツなら薄いし、洗濯も簡単で乾きも早い。これは思わぬメリットだった。(ただ、現実問題として今の家の窓では設置が大変なので、そう頻繁には洗えないけど)

 

飽きたり汚れたら取り換えも簡単

f:id:miyakokara:20190524145651j:image

 

 カーテンって1枚あたりの単価は地味にいいお値段がする。

 

そのため、飽きたり汚れが気になってもあまり頻繁には替えることができない。

 

フラットシーツなら、安いものを選べば1000円しない。また、カラフルなマルチカバーやインド麺のファブリックなど、サイズの合う布ならなんでも旅人カーテンになる。

 

私は飽きっぽい性格なので、この「いつでも取り換えることができる」という精神的余裕が形容しがたい安心感になっている。

 

まとめ:移動が多い人に旅人カーテンはおすすめ

f:id:miyakokara:20190524145709j:image

 

 私と同じく、引っ越しや移動が多いという人には旅人カーテンはすごくおすすめ。

 

自分の気に入った布でぜひ作ってみてはいかがだろうか♪

 

おまけ:カーテン代わりに考えたもの

おまけに、今回私がカーテン以外に考えたものをご紹介する。

 

安価・手軽・管理が楽という3点で探してみたよ。

 

  • すだれ

ホームセンターはもちろん、今や100円ショップでも売られているすだれ。安いものなら100円から、大きいサイズも+追加料金で売られていた。(300~600円のものを確認)

涼しげでいいなと思い見に行ってみたんだけど、設置がちょっと大変そうなのと、天然繊維なのでボロボロと破片が落ちてきそうだったのでやめた(すだれ置き場周辺にもすだれの切れ端が落ちていた)

 

  • 紫外線カットフィルム

カーテンが欲しいと思った理由が日差しだったので、窓に貼るタイプのフィルムもいいんでないかと思ったんだけど、よく考えてみたら日差し自体はカットしてくれそうになくて暑さ軽減はされなさそうだったのでやめた。

 

「色付きタイプを選べばよいのでは?」と思うかもしれないけど、部屋が暗くなるのはいやだというわがまま野郎である。

 

  • 布を買って1から作る

ものづくりは好きなので、1から作ろうかと思ったんだけど、ここ最近バタバタしててこれ以上タスクを増やすとまたいろんなことが中途半端で脱線しそうになったのでやめた。(制作欲求を抑えるの地味に大変だったのよ 笑)

 

また、ガチで日差しで死にそうだったのもある(笑)(ほんと干からびそうになったよ)

 

ものづくりが好きな人は、自分で好きな布を買って作ってみてもいいかもしれないね。

 

ちなみにカーテンづくりならこちらの記事が分かりやすくて勉強になるよ↓↓↓

好きな生地で簡単手作り!カーテンの作り方・縫い方‐質素で豊かなエコライフ手帖 Simple Happy Ecolife