自由人法帳

縛られず囚われず楽しく生きたい自由人のブログ

女性必見!放浪好きな私のオススメ生理対策アイテム3つ

f:id:miyakokara:20190606235547j:image

 

女性の体で生まれてきた人は、月に1度戦わなければならない相手がいる。

 

そう、SE・I・RIである。

 

私は放浪が好きでぷらーっといろんなところに出かけるんだけど、そんな時にこのSEIRIがやってこようものなら、気分はもうSEKAI NO OWARIである。

 

冗談はさておき、自分の体に起こることなのできちんと知って対策を立てたり、快適に過ごすための工夫は大切だ。

 

長いおつきあいになるからこそ、めんどくささや負担は最小限にした方がストレスもたまらない。

 

この記事では、そんな放浪好きな私のおすすめ生理対策グッズをご紹介する。

 

旅が好きな人はもちろん、日常生活でSEIRIとうまく付き合いたい人はぜひ読んでみてほしい。

 

もちろん女性以外でも、

「パートナーに教えてあげたい!」

「パートナーの体のことをきちんと知っておきたい」

っていう人はぜひ読んでほしい。

 

※結構セキララに書くので苦手な人は注意。

 

【もくじ】

 

生理の常識が覆る!:月経カップ

f:id:miyakokara:20190606235601j:image

 

日本で生理用品といえばナプキンが一般的で、月経カップ知名度はまだあまり高くないけど(周囲にも知らない人が大半だった)海外では月経カップの使用は一般的だ。

 

私は、海外放浪生活しているkumiさん・海外を放浪したり国内でミニマリスト生活を送っているみそぎさんのブログを読み、月経カップの存在を知った。

 

▼タイプが違うけど、どちらもすごく魅力的なお姉さま方である♪

 

ほか、バックパッカーをしている人にも月経カップ愛用者は多い。

 

月経カップは体内に挿入するタイプの生理用品なので、慣れるまでは結構使い方が難しい(痛かったり入らなかったり)

 

慣れるまでは私も全然うまく使えなくて、トイレで1人「…何やってんだ私w」とふと笑ってしまったこともある。

 

人には絶対に見せられない姿だし、下手すると血が飛び散り、ホラー映画みたいになる。

 

ただし使い慣れると、月経カップほど便利で画期的なアイテムは無いと感じる。

 

▼使用レビューはこちらをどうぞ

【月経カップ レビュー】生理の日が変わる!ナプキンでもタンポンでもない画期的な生理用品のおはなし 

 

まず、かさばらない。

 

月経カップは手のひらにコロンと乗る大きさでかさばらない。また、洗って繰り返し使えるので1つあれば事足りる。

 

生理用品って地味にかさばるので、私のようにいろんなところを放浪するのが好きな人にとっては、このコンパクトさがすごく大切なのだ。

 

次に、経血が外に出ることによる弊害がない。

 

外に出てくる経血をキャッチするナプキンのようなアイテムの場合は、経血に長時間触れることにより、人によっては痒くなったりかぶれたりする。

 

私は結構痒くなったり、ひどい時はただれて炎症を起こしたりもした。(かなり恥ずかしいし辛いw)

 

また、私は臭いに過敏な部分があるので、経血の独特な臭いがかなり苦手だ。

 

正直、夏とかほんと最悪(女性の皆さんはこれを読みながらめちゃくちゃ頷いていると思う)

 

月経カップは、体内に経血を貯めておけるので、経血が外に出ることによる弊害が少ないのである。

 

そして、不快感が少なく快適に過ごせる。

 

さっきも書いたけど、月経カップは慣れるまでは結構使い方が難しい。

 

だけど1度慣れてしまえば、あとは驚くほど快適に過ごすことができる。

 

トイレに行くタイミングで溜まったものを捨てればいいだけなので、わざわざ生理用品を持って移動しなくていい。

 

最後に、安全性が高い。

 

上で書いた通り、私は肌が強くなくてナプキンでかぶれたこともあったので、一時期はタンポンを使っていたこともあった。

 

ナプキンほど大きなパッケージで売られておらず、コンパクトなので持ち運びが便利だったのもある。

 

だけどある日、TSS(トキシックショック症候群)の記事を読み、タンポンを使うのが怖くなった。

 

TSSとは、黄色ブドウ球菌によって起こる急性のショック症状で、酷い場合は死ぬこともある。

 

▼モデルさんがTSSにより、足を切断したという事例は有名になった。

タンポン使用の弊害 片脚を失った女性モデル - VICE

 

月経カップは医療用のシリコンで作られているため、正しく使えばTSSの危険性は極めて低い。

 

看護学生(体調不良で中退したけど)であることや、あまり免疫力が高い方ではないので、安全性が高いことも私の中では結構重要ポイントなのだ。

 

最もかさばらないナプキン:センターインコンパクトスリム

f:id:miyakokara:20190606235732j:image

 

月経カップはすごく便利だけど、これだけで過ごすのはおすすめしない。形状的にどうしても少しは漏れるので。

 

なので私はナプキンも併用している。

 

とはいえ、ナプキンだけで使うことに比べれば経血はほとんどつかないので、かぶれることもほぼ無い。

 

持ち運びに1番適してるナプキンを探し続けた結果見つけたのが「センターインコンパクトのフレグランスシリーズ」

普通のスリムナプキンの1/2のサイズでかさばらず、生理中の不快な臭いも気にならない。

 

まさに私の探し求めていたナプキンである。

 

香りがほんとめっちゃいいので、思わず匂ってしまいそうになるレベル。というか匂いフェチとしては匂っちゃうよねー(変態)

 

▼香りものが苦手って人には無香料タイプもあるよ。

最強鎮痛剤:ロキソニン

生理中のお悩みは出血だけじゃない。

 

頭痛や腹痛などのあらゆる痛みが襲ってくる。

 

私はその月によって結構重さが違うんだけど、重い時は本当に辛い。貧血も重なるともう動けない。

 

たとえるなら、下腹をクワでドスッと刺され、その後グリグリされているような痛み。(されたことはないけれど)

 

ありとあらゆるものに怒りが向きそうになるレベルで辛い。この世の終わりである。痛いではなく辛い。

 

そんな時の頼れる相棒が、最強鎮痛剤のロキソニンである。

 

最近では、ジェネリック薬品のロキソプロフェン錠を購入している。

解熱作用もあるので、リゾバ時代からの私のお守り的存在だ。

 

(※第一類医薬品なので、自分の体に合わせて自己責任で使用をお願いします。合わない人もいるので注意。)

 

まとめ

女性として生まれてきてしまった以上、長いおつきあいになる生理。

 

だけどその負担を軽くすることはできる。

 

私はめんどくさがりなので、いかにめんどくさくならないか・快適に過ごせるかをとても大切にしている。(じゃないと楽しくないしね)

 

色々試した中で、この3アイテムはほんとおすすめなので、生理にお悩みの方はぜひ試してみてほしいと思う。

 

ちなみに私は、学生時代に友達と月1にやってくるこのイベントを「ペリー来航」と呼んでいた。

 

使用例↓

「ペリー来たわー」

「今月もペリー手ごわいわー」

 

この3アイテムで、身軽に打倒ペリーである。

 

youtu.be