自由人法帳

自由気ままに楽しく生きたい自由人のブログ

月にいくら必要?平均値ではなく自分のミニマムライフコストを知るべし!

f:id:miyakokara:20190718082330j:image

 

このあいだ、「老後は2000万必要やっていうから不安」とある人が言ったので、「それは平均値やから別に気にせんで大丈夫やと思いますよー♪」と答えた。

 

  • 老後にかかる費用は2000万
  • 月収25万以上
  • 結婚費用は466万(こちらを参照)
  • こども1人育てるのに3000万

 

など、お金に関する不安についてまことしやかに囁かれてる情報がたくさんあるけれど、言ってみればそれって平均値でしか無い。

 

平均値ということは、めちゃくちゃ贅沢してる人から、めちゃくちゃ節約してる人までを足して割った数値だということ。

 

考えてみたらかなーり曖昧やよね。

 

大切なのは、「いくら無いといけないと言われているから」ではなく、「自分はいくら必要なのか?」を知っていること。

 

10万あれば生活できる

f:id:miyakokara:20190718082350j:image

 

 はっきり言ってしまうと、人ひとりが生活していくだけなら、10万もあれば大丈夫。(これは私の経験上の数値ね。余裕もって暮らせる)

 

子供のころお金で困った経験もあるし、高校卒業とともに家を出てバイトしながら暮らしてたので、嘘偽りない数字。(くわしくはこれとかこれとかこれとか読んでみてね笑)

 

そりゃ、毎日飲み歩いてたり外食してたらこの金額には収まらない。節約を習慣化させる必要もあるし、お金を賢く使う必要はある。

 

ただ、自炊したりちょっと節約を心がければ、人は10万円あれば十分生活していくことができるよ。

 

いたずらにお金の不安に踊らされてしまう人は、まずこれを頭に入れておいてほしい。

 

▼楽しく節約したいなら、こちらの本もおすすめ

それ、自分にとって必要?

f:id:miyakokara:20190718082411j:image

 

たとえば、

  • 保険
  • 持ち家
  • 結婚
  • 子供

 

これらは必ずしもみんな必要なことでは無いし、人生の通過点じゃない。

 

多くの人が当たり前のように入っている保険は、「損な掛け」だと言う人もいる。

 

病気になればお金が入り、病気にならなければお金が入らない。いわば不安に投資しているわけやからね。さらに、1つの保険で賄える範囲には限度があるので、それを補うために別の保険をかける人も多い。

 

結果、お金が出て行く。これが保険貧乏のからくり。

 

それなら保険に頼らず、貯金や投資で備えるという考え方もある。ちなみに私はこっち派。

 

▼くわしくはこちらの本を読んでみてほしい。わかりやすいよ♪

読書レビュー記事はこちら

 

車も、田舎に住んでいて必需品だという人や、車で転々と生活をしている旅人だ、なーんて人でないなら持つ必要はない。

 

都市圏なら交通の便はすごく良いし、自転車や原付などの格安バイクがあれば十分。(原付で富山や岡山まで行く私だからこその説得力‼笑→参照

 

車本体のほか、ガソリン代・車検代・修理代・駐車場代などを考えると、車って本当にお金のかかるもの。

 

知り合いの人にも、「今月車検やからお金が無いー!」と嘆いている人がいる。「それなら車手放したら良いのに」と思った。

 

家については、私自身が昔から転々と移り住んできたということもあり、1番いらないんじゃないかなぁと思ったりもする。

 

持ち家があるとその土地から動けなくなってしまう(貸して家賃収入を得るとかは別)ローンで買うなら、ずーっとその間そのお金を払い続けなければならない。車や家のローンは別枠で考えられることも多いけど、これってつまり借金である。

 

結婚や子供も、したい人だけすれば良いと思う。しなければしないでかなり身軽に生きることができるしね。

 

過去に私も結婚していたことがあるけど、今後結婚したいかどうかと聞かれたらわからない。結婚は制度のひとつだと思っているので、結婚に重きを置いていない。パートナーはほしいけどね。必ずしも結婚でなくていい。

 

家庭や子供についても、温かい家庭を知らずに育ったので、自分の家庭を持つことには尻込みしてしまうと思う。だから持たないという選択をすると思うな。

 

一般的には必要だとされていることでも、自分のライフスタイルに合わせて考えてみたらいらないものってたくさんあるよ。自分には必要か?を考えてみるべし。

 

自分のミニマムライフコストを把握せよ★

f:id:miyakokara:20190718082435j:image

 

 自分に必要なものが分かったら、それにかかる費用を書き出してみよう。

 

物事を改善するために必要なことは、まず現状を知ること。

 

家賃・光熱費・通信費・食費・雑費・交際費(娯楽費含む)など、今の自分にとって必要な費用をばーっと書き出してみよう。

 

んで、削れるところを削っていく。

 

家賃が高いと思うなら、安い物件を探せばいい。今は格安物件も多いし、シェアハウス なんかも費用を抑えて住むことができる。

 

光熱費なら、WiMAXなどのポケットWiFiと格安スマホの併用がおすすめ。今まで三大キャリアを使っていた人なら、その金額に驚くと思う。

 

ちなみに私はWiMAX LINEモバイル を併せて使ってるんだけど、スマホ・パソコン併せて多分5000円ちょっと。(LINEモバイルの使用レビューはこちらをどうぞ)

 

食費は自炊でかなり削ることができる。全て完璧に自炊する必要はないし、全て外食や買い食いだったなら、お米を炊く・パスタを茹でるだけでも節約効果は十分。

 

汁物となにかあれば、それだけで一汁一菜の完成だ。

水漬けパスタも、玄米炊飯も、慣れればほんと簡単にすぐできるからぜひやってみてほしい。

 

今の自分にかかっている費用を書き出してみて、必要に応じて見直し、自分のミニマムライフコストを把握すべし♪

 

まとめ

私は外国に行ったことがまだ無いけど、日本人は特に不安に踊らされやすい民族だろうなーと思う。

 

平均はあくまで平均でしかない。

 

「いくら必要らしい」ではなくて、「自分はいくら必要なのか?」を知るべし。

 

そうすればいたずらに不安に踊らされなくなるし、お金の呪縛から自由になれるよ♪

f:id:miyakokara:20190718082457j:image