自由人法帳

自由気ままに楽しく生きたい自由人のブログ

持たない暮らし&旅暮らしとマステの相性が抜群な件

f:id:miyakokara:20190902011653j:image

 

マスキングテープ、略してマステ。

 

そう、可愛い女の子諸君が大好きな、あのカラフルなデザインテープであーる。(めっちゃ持ってる人とかいる。笑)

 

…なんだけど、このマステが、旅暮らし&持たない暮らしで大活躍してて、自分でもびっくりしてるのでぜひ見てほしい。笑

 

【もくじ】

 

まち針代わりに

f:id:miyakokara:20190902011713j:image

 

私は背が160センチ無い。

 

いわば身長ミニマリストである。笑

 

なので、スカートやズボンの長さが長すぎることがある。(それって足が短…)

 

そんなときは自分で裾上げをしちゃうんだけど、まち針が昔から嫌いなのだ。

 

なぜかと言うと、縫うことに集中しすぎて刺さるから。(←え)

 

んで、多くの本数を持ちたく無いのでギリギリの数しか持ってなかったりしたから。

 

縫ってる途中で足りなくなって、再度とめ直さなきゃいけなくなってた。

 

マステなら、刺さる心配もないから縫うことに集中できるし、本数の在庫も気にしなくていい

 

まさか自分でもマステがまち針がわりになるとは思わんかった。笑

 

コードの断線に

f:id:miyakokara:20190902011746j:image

 

スマートフォンの充電器、私はなぜか昔からよく断線する。(←理由:充電器をつないだままで使ったりするから)

 

そんなときは、断線部分をビニールテープなどで修理する必要がある。

 

これと同じことがマステでもできる。

 

マステは紙だけど、何重か巻きつければ強度も結構なものになる

 

コードの断線くらいなら、マステでも十分補修できる。

 

カラフルな色なら、見た目もビニールテープよりかわいいしね♪

 

お菓子や食材の封をする

f:id:miyakokara:20190902011805j:image

 

今まで私は、食材の封をする時によく輪ゴムを使っていた。

 

輪ゴムって、売られているものは量がめちゃくちゃ多い。そんなにいらん。笑 さすがにとめるものそんなに無い。笑

↓こういうやつね。笑

 

買わずに、お惣菜とかについてくるものを再利用する手もあるけど、小さいものなので管理が若干めんどくさい。(移動暮らしなら特に)

 

そして劣化してくると、突然バチンッ!と切れる。これがめちゃくちゃ痛い。

 

というわけで、輪ゴムを持たなくなって久しい。笑

 

専用の袋を止めるやつ(名前わかんない)なんかもあるけど、かさばるし物はなるべく増やしたくない。

 

マステなら、袋の口はバッチリ止めてくれるし他の用途でも使える

 

テープの端を折り返しておけば剥がすのも簡単だ♪

 

手紙に

f:id:miyakokara:20190902011828j:image

 

プレゼントやおすそ分けなど、ちょっとしたものを渡す時に手紙を添えたりする。

 

レターセットを持ってた時期もあったんだけど、移動暮らしを重ねるうちに手放してしまった。

 

昔と比べて、そんなにがっつり手紙を書く機会も減ったしね。(昔はよく買いてた人)

 

マステがあれば、コピー用紙やメモ用紙もカラフルで可愛らしい便せんに早変わり♪

 

シールなどと組み合わせて使えば、さらにかわいらしく仕上がる。

 

ラベルに

f:id:miyakokara:20190902011859j:image

 

マステは紙なので、上から文字を書くことができる

 

移動暮らしでは極力持ち物を軽くしたいので、パッケージから出してジップロックに移すことも多い。

 

マステに書いて貼っておけば、中身が一目で分かるのでとても便利だ♪

 

ラッピングに

f:id:miyakokara:20190902011919j:image

 

マステはカラフルでかわいいので、リボンや飾りとしても使うことができる。

 

というか、むしろマステ本来の使い方やしね。笑

 

写真は、友人にちょっとしたお菓子と飲み物をプレゼントした時のもの。

 

クルっと丸めて貼るだけで、見た目がとても華やかで可愛らしくなるのでおすすめだ。

 

まとめ

持たない暮らし&旅暮らしにマステは超おすすめ!

 

手で切れるのでハサミがいらないし、上から文字も書くことができる。

 

いやーおしゃれなマステが、こんなに持たない暮らしや旅暮らしに役立つとは思わんかった。笑

 

お気に入りのものを1つカバンに忍ばせてはいかがだろうか。