自由人法帳

自由気ままに楽しく生きたい自由人のブログ

スポンジはソフト&ハードタイプのものを家中使えばスッキリするし節約にもなる

f:id:miyakokara:20191008202858j:image

 

お風呂用スポンジにキッチン用スポンジに…と、用途別に分けてスポンジを買ってる人って多いと思う。

 

「バス用スポンジ」って専用のおっきいのを置いてるご家庭も多い。

 

私はお風呂用もキッチン用も同じスポンジを使用しているんだけど(もちろん各スポンジは分けてるよ!笑)これがめちゃめちゃ楽で節約にもなるのでご紹介する。

 

 

私が買ってるスポンジ

よく買うのは、100円ショップで売られている、片面がソフトでもう片面がハードのスポンジ。たくさん入ってるやつ。

 

f:id:miyakokara:20191008203045j:image

まれにスーパーで買うこともあり。なんの変哲も無いスポンジやね。

 

2種類の面があるので、傷をつけたく無いものにはソフト面、しっかりゴシゴシしたいところにはハード面と使い分けることができる。

 

だからお風呂ををゴシゴシ洗うこともできるし、グラスをやさしく洗うこともできる。(今はグラス持ってないけど。笑)

 

スポンジは消耗品

ずーっと同じスポンジを使ってる人が時々いるけど、スポンジは消耗品。

 

雑菌も繁殖するし、できれば1ヶ月に1度くらいは新しいものに替えたほうがいい

 

私も月が変わるタイミングで、歯ブラシと一緒に新しいものに取り替えるようにしている。

 

消耗品だからこそ、安くて気兼ねなく使えるものがいい。

 

節約効果あり

バス用スポンジって大きなものが売られていたりするけど、あれって結構高いと思う。

 

このスポンジなら単価自体も安いし、複数の用途をこなせるので買うのは1種類だけでいい。

 

衛生面を考えて毎月入れ替えてもコスパはすごくいい。

 

用途が違っても問題なく使える

上でも書いちゃったけど、ソフト面・ハード面があるので用途を選ばず使える。

 

お風呂のタイルをゴシゴシ洗えるし、グラスを優しく洗うこともできる。

 

ちなみに私は、このスポンジを靴洗い用に使ったりもする。ハード面でゴシゴシすれば、ブラシやたわしの代わりに十分なる。

 

ストックが楽

この方法なら買うスポンジは1種類だけで済むので、ストックしても場所を取らないというのも嬉しいポイント。

 

お風呂用・キッチン用と分けて買うと、それぞれのストックを持つことになる。ごちゃごちゃするし場所を取る。

 

基本的に不要なストックは持たないけれど、1種類だけならストックを持ったとしても場所を取らない。

 

まとめ

今までキッチン用・お風呂用と分けてスポンジを買っていたなら、どちらもこなせるソフト&ハードスポンジを買ってみてはいかがだろうか。

 

収納場所に困らないし、買うのは1種類だけで良いので節約にもなる。

 

そしてこのタイプのスポンジは安いので気兼ねなく使って、汚れたら捨てることができる。

 

  • 在庫管理が楽
  • 節約効果あり
  • 清潔に保てる

と個人的にオススメな方法だよ♪