自由人法帳

好奇心旺盛な旅人自由人のブログ

ブラが苦手な人や旅女必見!サッと入れるだけの「エアリートップ」試してみた

f:id:miyakokara:20200530103027j:image

 

私はブラが苦手である。

 

10代の頃、自律神経失調症やら乳腺線維腺腫やらをやらかしたこともあり、ブラをするとほんと息苦しいわ頭痛がするわとめちゃくちゃしんどいのである。(マジ拷問)

 

というわけで年々ブラをつけない暮らし(題して「ノーブライフ」)を極めつつある。

→ノーブライフについてはこちら!

 

常にもっと快適に過ごせそうなものはないかと探しているんだけど、この間こんな気になるものを見つけてしまったのでさっそくポチッた。

f:id:miyakokara:20200508190713j:image

 

その名も「エアリートップ」。「サッ」と入れるだけの簡単便利アイテムなのである。

 

さっそくレビューするので、同じくブラの締め付けが苦手だという人や、身軽に暮らしたい旅女はぜひ読んでみてほしい。

 

 

外装

 購入先はAmazon

 

このパッケージの上に、段ボールでさらに厳重に包まれた状態で届いた。超VIP待遇である。(届いた状態を写真撮るの忘れた)

 

外国人女性が「どや、めっちゃ楽やで!」と言わんばかりの表情で見つめてくる。

f:id:miyakokara:20200508200837j:image

 

f:id:miyakokara:20200508200905j:image

アップはちょっとコワイ。

 

裏側にもこれまたドヤ顔の金髪おねーさん。

f:id:miyakokara:20200508200927j:image

 

f:id:miyakokara:20200508200958j:image

「楽やでっ!」

 

出してみた。

f:id:miyakokara:20200508201018j:image

 

カップ付きキャミとか着る人なら分かると思うけど、あんな感じのパッドが2つ。

f:id:miyakokara:20200508201036j:image

 

内側はシルクでさらさらとしていて非常に肌触りがいい。

f:id:miyakokara:20200508201042j:image

 

「サッ」と入れるだけ

 エアリートップの使い方はとっても簡単。出かける前などに「サッ」と入れるだけである。

 

二プレスやヌーブラなどの貼るタイプのブラがは、長時間使うとかゆくなったりする。エアリートップは肌の上にのせているだけなのでその心配もない。

 

覆われている部分も大きいので圧倒的に安心感がある。

 

不思議と落ちない

正直使うまでは半信半疑だった。「サッと入れるだけで落ちひんの?」とか思っていた。

 

使ってみて3日ほどだけど、今のところ無敗

 

固定されていないのでたしかに少し動いたりはするけれど、普段の動きであればまったく落ちない。何もつけないときとほぼ大差ない感覚でこれはすばらしい。

 

ダボっとした服やサラサラ素材はちょい危険

ただ、ダボっとした服はちょっと危険。ゆるい服だと抑えきれずに歩いている間に落ちる可能性がある。

 

サラサラ素材の服もひっかかりがないので落ちやすい。(服との摩擦で止まっているもよう)

 

私は旅暮らしということもあって、薄手のTシャツを愛用しているんだけど、使い倒して伸びてきたのでちょっと危ない。笑

 

そろそろTシャツも買い替え時やのぅ。

 

重ね着する人なら、ぴたっとしたキャミやタンクトップの下に付けたほうがいいと思う。

 

1枚で着る人は、ゆるすぎる服やサラサラすぎる素材は避けるべし。

 

旅にもおすすめ

ノーブライフ派が愛用しているであろう二プレスやヌーブラなどの貼るブラは、一見旅暮らしに向いているようにも思える。

 

だが、これらは粘着面があるので、洗った後しぼったりなどの脱水ができない。

 

そのため、洗った後完全に乾くまで持ち運びにくいのである。(だいたい1日くらいはかかる)

 

エアリートップなら、しっかりしぼってもくっついたりする心配がないので、普通の手洗い洗濯と同じように脱水することができる。

 

ブラのようにワイヤーもないし、嵩も小さいので持ち運びにもピッタリだ。

 

ただし激しい運動時は×

ただ、そんな便利なエアリートップでも使用をやめたほうがいいタイミングがある。

 

それは運動時だ。

 

胸にはクーパー靭帯というものがあり、何もつけない状態で激しい運動をするとこれが切れてしまう。

クーパー靱帯とは?美胸になりたい方必見!クーパー靱帯ケア方法 ...

クーパー靱帯とは?美胸になりたい方必見!クーパー靱帯ケア方法|feelyより

 

そして切れたら2度と戻らない(怖い話チックによんでちょ)

 

いくらブラが苦手でも、運動時はブラをすべし。

 

↓こういう水陸両用タイプなら、水着としても使えるのでおすすめだよ。

まとめ

日本では、ブラをしない=女性として終わっている 的な風潮がいまだにあるけれど、体調を崩してまでブラをする必要はないと思う。

 

毎日のことだからストレスすごいし、ブラの締め付けによる頭痛や血行不良に並んでいる人は意外と多い。

 

ほな我慢せず、こういうものを上手に使ってこっそり上手にノーブライフを楽しめばいいのだ(記事にしている時点で全然こっそりじゃないがw)

 

ブラが苦手な人はもちろん、身軽に暮らしたい旅女の方はぜひ使ってみてはいかがだろうか。